いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

James Taylor

markrock2009-06-16

/ Other Covers ( HEAR MUSIC / 2009 )


昨年そこそこ話題になった、JTによるカバー盤『Covers』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20081004)。今回紹介する『Other Covers』はボーナス・レコーディングと称した後続ミニアルバム、つまりアウトテイク集。きっと曲選びで色々頭を悩ましたんでしょう。『Covers』に収録されなかった曲の出来もそうそう悪くないし、だったら出しちゃえ!ってとこでしょうか。しかしながら、先のカバー集に全く劣らないのだから感心してしまう。


ロジャース&ハマースタインのM-1”Oh, What A Beautiful Morning”がなんとも良い。彼らしいアコギのアレンジで聴くスタンダード、本当に素晴らしい。日曜の昼下がりに聴ききたいなぁと思い、先週末取り出して聴いていたのであった。さらにトム・ウェイツのM-4”Shiver Me Timbers”。『The Heart Of Saturday Night』に入っていた佳曲。この頃のウェイツは最高だ。


前作もそうだったけれど、彼のルーツともいえるドゥ・ワップ〜ソウルなどの黒っぽいカバーが多いのが本盤の特色。シルエッツのM-2”Get A Job”やらチャック・ベリーのM-3”Memphis”やら。まあ元々アイズレーに”Don’t Let Me Be Lonely Toninght”をカバーされたり、JTもマーヴィンの”How Sweet It Is (To Be Loved By You)”をヒットさせたりと、ソウルとの親和性は知られているところ。しかしそれにしても痺れたのは、スタックスもののM-6”In The Midnight Hour”とM-7”Knock On Wood”。M-7はブラジルのみでリリースされたライブ盤『Live in Rioでも演ってましたが。


そう言えば、最近ジョー・ママ&キャロル・キングを従えた1971年のBBCライブのブートDVDを入手したのだけれど、後半はJTがセミアコなんぞを弾いたりと、近年のイメージとは違ったギンギンっぷりに驚いたりも。