いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 Spontaneous Combustion

markrock2016-05-29

/ Come And Stick Your Head In(Flying Dutchman FDS-102 / 1969)


さて、今日手に取ったのは1969年にジャズ・レーベルのフライング・ダッチマンボブ・シール設立)からリリースされたSpontaneous Combustionの『Come And Stick Your Head In』。バンド名は適当に付けたんだろうけれど、その名も「自然発火」。中身は60年代のLAポップ・シーンの陰の主役だったスタジオ・ミュージシャン、レッキング・クルーの面々。主役はティム・ハーディンの1曲以外の作曲を務めるゲイリー・コールマン。演っているのはジャズ・ロックなインスト。ロッキンだったり、ラテン・ビートが挟まったり。冒頭の”Blue Sir-G-O”がスリリングでとても気に入っている。

メンバーはゲイリー・コールマン、マイク・メルヴォイン、ラリー・ネクテル、トム・スコット、デニス・バディマー、ジョン・ガーリン、ジム・ホーン、マイク・ディージー、そして「レイラ」の共作者でもあるジミー(ジム)・ゴードンという。60年代の多くのポップ・ソングのレコーディングは彼らを含むレッキング・クルーの面々が演奏していた、というのは有名な話だ。好きな傾向の音を含むレコードを集めていったら、ほとんどレッキング・クルー仕事だった、という話もあるから、多くの場合ノン・クレジットで影武者仕事が伏せられていたとは言え、当時から耳の良いリスナーは聴き分けられたのではないだろうか。フィル・スペクターからソニー&シェール、そしてママス&ザ・パパスやバリー・マクガイアといったダンヒル仕事、ジャン&ディーン、モンキーズサイモン&ガーファンクルカーペンターズフィフス・ディメンションビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』のバーズの「ミスター・タンブリン・マン」…



トミー・テデスコの息子が完成させた映画『レッキング・クルー〜伝説のミュージシャンたち〜』も今年話題になっているけれど、それに先立つケント・ハートマンの書いた『レッキング・クルーのいい仕事』P-Vine BOOKSから邦訳が出ているけれが、誤植が多いのを除けば素晴らしい)はとても面白い本だった。そこにも売れないヴィブラフォン奏者だったゲイリー・コールマンが女性ベーシスト、キャロル・ケイの手引きでデヴィッド・アクセルロイドの元でパーカショニストしての地位を得るくだりが出てくる。『ペット・サウンズ』のパーカッションもゲイリーだった。S&Gの「明日に架ける橋」のレコーディングでは、後にブレッドに加入するラリー・ネクテルが流麗かつ壮大なライチャス・ブラザーズばりのピアノ・アレンジを練り上げ、そこにゲイリーが30分くらいでヴィブラフォンを加えた話も登場する。SPONTANEOUS COMBUSTIONの演奏に、ゲイリーを始めとしたレッキング・クルーの面々の一朝一夕では為し得ない卓越した技量を思い知らされる。