いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 Tony Wilson

markrock2014-03-30

/ Catch One ( Bearsville / 1979 )

何気なくレコードを整理していたら出てきた盤。ソウル・シンガー、トニー・ウィルソンが1979年にベアズヴィルからリリースした一枚。1976年にもベアズヴィルから『I Like Your Style』をリリースしているから、ソロとしては2枚目ということになる。

AORファンに注目されているのは、「アメリカン・モーニング」の邦題で知られる、ランディ・ヴァンウォーマーのほっこり切ない名曲”Just When I Needed You Most”が収録されていること。トニー・ウィルソンはランディとこの曲を共作しており、もう1つの作者ヴァージョンというわけ。バックはハーヴェイ・ブルックスやカル・デイヴィッドらが担当した2曲を除き、アラバマのマッスル・ショールズのリズム隊が務めている。



トニー・ウィルソンは、”You Sexy Thing”のヒットで知られるUKのR&Bバンド、ホット・チョコレート(「Hot Chocolate Band」名義では1969年にジョン・レノンの”Give Peace A Chance”のカリビアン・カバーをアップルからシングルで出している)のメンバーだった人物。ベースやソングライターを務めていた。本作を聴いていると、ソングライティングのテクニックは流石だな、と思ってしまう。両面1曲目はアップな感じだけど、中にはランディ・ヴァンウォーマーのファンが安心して聴けるような、余り黒っぽくないバラードが含まれていて。でもそこはかとなくふんわりとソウル・フィールが漂っているような。

↓昨年MOJOにこんな記事もありました
http://www.mojo4music.com/7547/happy-birthday-to-hot-chocolates-tony-wilson/



カバーでは、マッスル・ショールズのデモ録音の蔵出しCDにも収録されていたジョージ・ジャクソンの”Love, I thought I Would Never Find Love”があったり(”Take Me Home, Country Roads”のソングライターだったダノフ夫妻が結成したスターランド・ボーカル・バンドのカバー(1980年)もある)、ボブ・ディランの”Forever Young”があったり。後者はディランの武道館ライブが1978年にリリースされて話題を呼んでいた、なんて所に便乗したカバーなのかも、と思ったり。

そうそう、話はそれるけれど、DVD・ブルーレイで再発されたボブ・ディラン30周年記念コンサート』、BSでも先だって2日に分けて放送されていたが、映像がものすごくクリアになっており、必見でありまして。”Forever Young”は入っていないけれど…ニール・ヤングジョージ・ハリスン、ロジャー・マッギンばかりではなくて、ジョニー・ウィンターやリッチー・ヘイヴンスにもまたまた泣いてしまったり。トレイシー・チャップマンに憧れて”M”サイズのマーティンを買ったことなんかも思い出した。来日に合わせたカバー・アルバム『ディラン』の単体発売とか、レコード・ストア・デイズでLPは先に出ていたレア・トラック集『サイド・トラックス』の単体発売なんかもある。なんと岩波新書から出たボブ・ディラン――ロックの精霊』湯浅学 著)も自伝と一緒に読むと面白かった。