いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Felix Cavaliere’s Rascals

markrock2016-08-28


フェリックス・キャバリエールズ・ラスカルズ。7月後半辺りにコットンクラブとか、ブルーノートの公演で来日していた。コンスタントにライブをこなしている現役とは言え、フェリックスも今年で74歳。ヒジョーに迷ったのですが、ついに行けなかった。どんなに好きなアーティストでもタイミング、というかチケット買うときの気分とかってありますよね。それに何だか最近ライブのチャージが高すぎて、気軽に観に行こうかな、という気になれない。以前ほど売れなくなったCDに代わり、チケットとグッズで商売しているのだから仕方ないけれど。最近、著名国内アーティストを総動員してのチケット転売防止運動もありますものね。でも外タレのチケットは流石に暴利と思えるものも。フェリックスもかつて参加していたリンゴ・スターのオールスター・バンドは行くことにしたけれども、ね…

さて、そんな後悔を埋めるようにフェリックス・キャバリエールズ・ラスカルズのライブ盤を。フェリックス自身のプロデュースによる、完全な自主盤で、フェリックスのホームページで購入できる(20ドル)。曲名すら書いておらず、スリーブにCD1枚が投げ込まれている簡素な作り。布陣は今年の来日ツアー・バンドとほぼ同じ。

ラスカルズの魅力は色々ある。80年代のロッカーに顕著だけれど、フォロワーも沢山いるバンドだし。もちろんブリガッティ兄弟の楽曲やボーカル、それにジーン・コーニッシュやディノ・ダネリのガレージな魅力も捨てがたいんだけれど、フェリックスのイタロ・ブルーアイド・ソウルなボーカルの人懐っこい味わいに負うところも大きい。後期のラスカルズはフェリックスで保っていた感じだし。

さて、”Lonely Too Long”、“It’s A Beautiful Morning”、”A Girl Like You”、”Groovin”、”People Got To Be Free”…といったラスカルズの名曲の数々を聴いていくと、この明るくポジティブなエネルギーに心が温まると同時に何とも甘酸っぱい気分になってくる。ラスカルズの名曲”Ray of hope”と同タイトルのアルバムを作った山下達郎に与えた影響力の大きさは語り尽くされているかもしれないけれど、改めてそれも感じられたような。とは言え”Groovin”が”My Girl”や”Just My Imagination”とメドレーで演奏されるのを聴くと、ラスカルズのメロウ・サイドにおけるさらなるルーツを思い知らされる。一方で、”Mustang Sally”に”I Thank You”が織り込まれたり、スタックス・ソウル・レヴューさながらの雰囲気も。スタックスのトリビュート&深化を企図したような2008年・2010年の、スティーヴ・クロッパーとの共演アルバム2枚も素晴らしい出来だったけれど。そう、この現ラスカルズのギタリストの方はというと、相当ハード・ロックな資質を持っていて、この辺がロッキン・ソウルな楽曲の魅力を引き立てている。”Good Lovin’”が”La Bamba”、”Whole Lotta Love”や”Purple Haze”になり、”What’s Goin’ On”になって…とかリズム遊びからスタートしたジャム・セッションみたいな感じのトラックもある。しかしマコトに遊び心満載!観客を楽しませる術を心得ている。しかも唄も演奏もオリジナルの雰囲気を掴んでいてムチャクチャ上手いし。こういうサウンドならお手の物だよ!ってな感じで、フェリックスには60年代精神をひっくるめて継承する自負があるのかもしれない。

さて、HPでは2014年リリースのクリスマス・アルバム『Christmas Joy』も販売されている(20ドル)。こちらはクリスマス・カード風のサイン入り仕様になっている。こちらも演奏陣はライブ盤と変わらない。16ビートの”White Christmas”とか、ソウルフルなアレンジがフェリックスらしい。喉も快調そのもの。しかも、ここでもやはり山下達郎のクリスマス・アルバムを思い出してしまったと言う。オー、オエ〜オってソウルフルなこぶしを回すところが、まさにフェリックス節なんだな、と。クレジットの最後にはジャック・ニッチェフィル・スペクターに「インスピレーションを有り難う」なんて書いてあって。もちろんロックンロール世代の感性で作り上げたあの名クリスマス・アルバムのことなわけで、実際ウォール・オブ・サウンド風アレンジもあるけれど、これもまた60年代的精神だなと。


http://www.felixcavalieremusic.com/