いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 Brigati

markrock2010-07-13

/ Lost In The Wildness ( Elektra 7E-1074 / 1976 )


フィリックス・キャバリエールのラスカルズが来日ということで。行きたいな、どうしよっかなと考え中。もちろんフィリックスのみの参加ですよ。ブリガッティ兄弟もジーン・コーニッシュもディノ・ダネリもいない。しかしながら、スティーヴ・クロッパーとの共演作の続編がこれまた素晴らしい出来となってくるとどうにも気になる。リンゴのバンドで来日したこともあったけれど、その喉は全くの衰え知らず。そう言えばブルース・スプリングスティーンも新作ライブDVD『London Calling Live in Hyde Parkヤング・ラスカルズの”Good Lovin’”をカバーしていたっけ。


そんなことを思いながら、取り出したのは、カエルジャケが悪趣味なブリガッティ兄弟の”Brigati”名義の唯一作。ディスコ版”Groovin”が収録されていることからそれなりに気分が高まった時にターンテーブルに載せることがある。アリフ・マーディンとフィル・ラモーン、ロン・ダンテの3人がプロデュースを手がけている。その”Groovin”だけれど、アリフが手がけたもので、リチャード・ティースティーヴ・ガッド、ヒュー・マックラケン、ウィル・リーといった布陣。他のプロデューサーのセッションと重なっている人もいるが、その他にはトニー・レヴィン、ラルフ・マクドナルド、ボブ・ジェイムス等が参加。フュージョン勢を後陣にしきつつも全体的にディスコ色が強め。


ここまでディスコ色が強いと、サム・クックのスムースなディスコ・カバー”You Send Me”はキラーにも思える。なんともブルー・アイド・ソウルの妙じゃございませんか。軽さがね。


そうそう、60年代ラスカルズの甘酸っぱさは、ロン・ダンテがプロデュースを手がけた兄弟のオリジナル"Gotta Get Next To Somebody"やスロウなバラード"I Been Thinkin' 'Bout You Baby"、60年代の音かと見まごう"Mr. Fantasy"で聴ける。これは良い!吐息のようなバラード"Come Run"やラストの"Well, Well, Well"だって。おやおや!B面の出来がこんなに良いとは!改めて。