いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 ジェイ・センターという人(前編)

markrock2015-08-26




クレジットに目を光らせて60〜70年代のレコードを聴くのは面白い。生身の人間がモノを言った時代。レコードを集めていくとわかったけれど、プロデューサー・ミュージシャン・エンジニア・スタジオ…と、そう多くはない一群に分類できる。マッスル・ショールズ、ベアズヴィル、フェイム、シグマ…だとか…レッキング・クルー、エリアコード615、フィル・スペクター、ルー・アドラー、ゲイリー・アッシャー、トミー・リピューマ、グリン・ジョンズ、マイク・カーブ、ウェス・ファレル…みたいな感じで。挙げればキリがないのですが。



個人的な好みで行き着くところまで行こうとすると、キース・オルセンがエンジニアをやっているレコードばかり集める、とか、そういう話になる。友人に教えてもらって注目したカリフォルニアのLoveの後期メンバーでモーニング(Morning)のメンバーとしても2枚アルバムを出しているジェイ・ルイス(当時日本盤も出ていたモーニングのセカンドのリイシュー!の記事を最近見てびっくりした。)も集めていくと面白い。書く曲も良いし、エンジニア、プロデューサーとして関わった作品はAORならリサ・ダル・ベロ、キーン・ブラザーズ、ダニー・ペック、プレイヤー、他にもブライアン&ブレンダ・ラッセルやゲイリー・ライトからピーター・アイヴァースまで。表立っていないので地味な存在ながら、キレイなコーラス主体の広義のソフト・ロックというカリフォルニアン・ポップスの遺伝子を受け継ぐ音作りを担っていたことがわかる。

そんな中で、ジェイ・センター(Jay Senter)というプロデューサーがいる。ビル・ラバウンティ『This Night Won’t Last Forever』やヘレン・レディのフェニミズム賛歌”I Am Woman”(オーストラリアのバンド、エグゼクティブ(The Executives)出身の(レイ・)バートン&(ジノ・)クニコのレイ・バートンがヘレンと共作した曲。レイはヘレンと後年モメたみたいですね。)のプロデュースで当てた人。正直このジェイ・センターのバイオなど詳しい情報はほとんど見たことがない。ぜひ詳しい方がいたら教えていただきたいもの。この人の音は個人的には好みというか、ハズレがないので以前より注目して作品を聴いている。ロックのフィールドにありつつ、アメリカン・ポップスの王道を感じさせる音作りが魅力なのだ。そして時折ソウル感覚もうまく作品に溶け込ませていて。独立プロデューサーだったようで、割と人脈的に近く、好きな傾向のバンドやミュージシャンを手がけていたのではないかと想像できる。

初めてプロデューサーとしてクレジットされたのは1969年のパズル(Puzzle)『Puzzle』(ABC)ではないだろうか。ジミヘンやツェッペリントラフィックのエンジニアとして乗りに乗っていた頃のエディ・クレイマーとの共同プロデュースによるブルーズ・トリオ(トニー・グラッソ、カート・ジョニー、マイク・ザックにエディがピアノで加わる)。音はコーラスも入ったサイケ・ロック・サウンドでプロデュースにまだこの人らしさはない。ちなみにスティーヴィー・ワンダー・フォロワーのジョン・リヴィグニ(ジョン・ヴァレンティ)がドラマーを務めたPuzzleとは同名異バンド。

続いて1970年にはセプター傘下のTiffany Recordsからニューヨークのバンド、ブレスレン(Brethren)の唯一作『Brethren』をメンバーと共同プロデュース(Nix Nox Production)している。これはアメリカン・ロックの隠れた超好盤。メンバーにはセッション・ミュージシャンとして名を馳せるリック・マロッタの他、ステュ・ウッズ、トム・コスグローヴ、マイク・ガーソンがいた。後のドゥービーズのサウンドを先取りしたような音にビックリする。東海岸のバンドながら、カリフォルニアのゴールド・スター・スタジオの録音でドクター・ジョン、ブロッサムズ、ラスティ・ヤングが参加している。

1971年にはニック・ヴェネットらの設立したMediarts仕事。Mediartsはデニス・ホッパー『The American Dreamer』のサントラを出していたけれど、そのサントラの2曲で存在感を見せつけたジョン・マニング(John Manning)1971年のソロ『White Bear』(CBS)にも参加。6曲がジェイ、3曲がニック・ヴェネットのプロデュース(Nix Nox Production)。

さらにMediartsではパント(マイマー)風コスプレ・バンド、ハロー・ピープル(Hello People)のフィリップスを離れた3作目『Have You Seen The Light』。こちらもブレズレン同様A Nix Nox Productionの制作となっており、ジェイ初(?)と思われる単独プロデュース作で、2曲では共作もしている。後期ビートルズとティム・ムーアのふんわりしたポップ感覚を混ぜたようなA-1”Pass Me By”が素晴らしい出来。この曲は前述の『The American Dreamer』には弾き語りテイストのアクースティック・ヴァージョンで収録されている。メンバーと共作しているエディ・モトウは自身のバンド、ボー・グランプスのレコーディングでHello Peopleのロニー・ブレイクをドラマーに迎えているから、その頃からの縁だろう。

ちなみにブレスレンのステュとコスグローヴはトッド・ラングレンと一緒に演っていたムーギー・クリングマンのファーストにも参加している。Hello Peopleも後にトッド・ラングレンのバックを務め、アルバム・プロデュースを手がけてもらってもいる。ジェイ・センターを通じ、2つのバンドとトッドが結ばれるのも面白い。Mediartsではもう1枚、リチャード・ランディスが組んだスペンサー・デイヴィス&ピーター・ジェイムソン(Spencer Davis & Peter Jameson)の『It’s Been So Long』。フォーキーな音をバーニー・ケッセル、ラリー・ネクテル、リチャード・ランディスがバックアップする。ソロ・アルバムもあるアラン・デイヴィスとメンバーとの共作がCSN風。あとこの年、マイク・ピネラがプロデュースしたブラック・オーク・アーカンソー(Black Oak Arkansas)のファースト『Black Oak Arkansas』(Atco)にはドク・シーゲルと共にリミックスでクレジットされている。ジム・ダンディのマッチョなサザン・ロック・サウンドだけど、バンドの中でも好印象の一枚。この後、NYからLAに本拠地を移したと思われる。

1972年は紅一点のカレン・ブライアン(この人、バック・ポーチ・マジョリティ(The Back Porch Majority )のメンバーで、A&Mからロジャニコ&ポール・ウィリアムス作のシングル” Mornin' I'll Be Movin' On”を出している人だと思う。)を擁するスワンプ・ポップ・バンド、スパイダー(Spider)の『Labyrinths』をプロデュース。レッキング・クルーが大挙参加した、似非マッド・ドッグス&イングリッシュメンといいますか。”Superstar”みたいな曲もあって、プロの仕事。元々レッキング・クルーの一員だったレオン・ラッセルにあやかろうとしたのかも。そしてそして、この年ヘレン・レディ(Helen Reddy)のファーストに収録されていた”I Am Woman”のシングル用再レコーディングを仕切り、全米No.1という大きな成功をおさめる。バックはマイク・ディージージム・ゴードン、ジム・ホーン、マイク・メルヴォーンといったレッキング・クルーのメンバー。ちなみに同年プロデュースしたバンド、ファット・チャンス(Fat Chance)の『Fat Chance』(RCA)はビル・ラバウンティ、スティーヴ・イートンという二人の優れたシンガー・ソングライターと浅からぬ縁を生む重要な作品となった。この作品のレコーディングにもマイク・ディージー、ラリー・ネクテル、マックス・ベネット、レッド・ローズ…といったレッキング・クルーが手を貸している。ただし楽曲としては習作、かな。


1973年はSSW好きが喜ぶシャーマン・ヘイズ(Sherman Hayes)の『Vagabonds Roost』(Capitol)。ロン・エリオット率いるPANのメンバーだった人で、ここでもレッキング・クルーを従えたポップで流麗なカントリー・ロックが展開される。そしてローリー・ケイ・コーエン(Laurie Kaye Cohen)の『Under the Skunk』Playboy)も同じようなプロダクションのレッキング・クルー産スワンプ。雑誌社の道楽レーベルPlayboyからのリリース。そしてレッキング・クルーのマイク・ディージー(Mike Deasy)のソロ『Letters To My Head』

さらにはサミー・ジョンズ(Sammy Johns)の”Chevy Van”を含むアルバム『Sammy Johns』(GRC)をリリース。シボレー・ヴァンのバックシートでの一夜の情事を歌ったロマンティックな”Chevy Van”は性の解放が進んだ1975年になってシングル・リリースし、ビルボード5位に登る大ヒットとなった。アルバムに入っていたスティーヴ・イートンの”Rag Doll”も続くシングルに切られ、1975年に52位の小ヒットになっている。アルバムはジェイ・センターとラリー・ネクテルの共同プロデュースで、理想的なレッキング・クルーの音。

1974年はファット・チャンスのスティーヴ・イートン(Steve Eaton)が『Hey Mr. Daydreamer』(Capitol)でまずデビュー。バンドに引き続きジェイがプロデュースを手がけた。これがまたソングライターのショウケースのような素晴らしい作品。いつかこんなSSWアルバムを作りたいな、いつも妄想している。思い返せばアート・ガーファンクルの”Rag Doll”を聴いて、この作品を初めて聴いたのだった。バックはサミー・ジョンズ盤同様、レッキング・クルーのロック感覚溢れるスリリングなカントリー・ロック・サウンド。コレが個人的には理想的なアメリカの音なのかも。文句なしの名タイトル曲やカーペンターズも録音した”All You Get From Love Is A Love Song”、前述の”Rag Dall”にビル・ラバウンティの”Something About Her”を収録。ジェイ・センターとスティーヴが共作した”Beatin’ Me With Kindness”のソウルフルな歌い回しが同志ビル・ラバウンティとそっくり。

そして1975年には次いでビル・ラバウンティ(Bill LaBounty)が『Promised Love』(20th Century)でソロ・デビュー。アメコミ風のジャケットも良いけれど(ご丁寧にモデルはビル自身になっている)、ソウルフルなポップ・サウンドは後の成功を予感させる。4曲でビルとジェイは共作(ジェイは詩のアイデアを提供する、といった関係だったみたい)。ライノ・フランスから2011年にリリースされた4枚組のボックス『Time Starts Now』で初めてクレジットが明らかになったけれど、ラリー・ネクテルやマックス・ベネットといったレッキング・クルー系列に加えてレイ・パーカーJr.にリー・リトナーエド・グリーン、カルロス・ヴェガらが参加。少なく見積もってもブルーアイド・ソウル〜AORでは3,4年は早かった音。とは言え同時代のソウルは既に相当洗練されていたわけだけれど。そのうち、”Lie To Me”と”I Hope You’ll Be Very Unhappy Without Me”、そして”Open Your Eyes”は再デビュー作『This Night Won’t Last Forever』(Curb)で再演されている。再演した内、前2曲”Lie To Me”と”I Hope You’ll Be Very Unhappy Without Me”のベースは元ブレスレンのステュ・ウッズ。あえて昔の仲間をセッションに呼んだのではないかな?
(つづく)