いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 SONG / ALBUM ( MGM SE-4714 / 1970 )

markrock2014-06-01




ここの所の制作モードもちょっと一段落。直近では地元三鷹市の保育園の依頼で、プロデューサー馬下さんと「上連音頭」というのを作ったり。音頭と言えば、「ナイアガラ音頭」ってのがありましたから、テンションは高まりました。。今年の夏祭り用ということで、振り付けなどもつくらしく、いやー、楽しみです。結構良い仕上がりになったと思うので、どこかで紹介できればと嬉しいです。



そして、7月20日発売の私のアルバム『語りえぬものについては咆哮しなければならない』のPVが出来ました!是非聴いていただけたら嬉しいです。
YouTube全曲試聴↓



さらに、今回のアルバムに参加して頂いた、ラッパーのEARVINさん(EX.ウリフターズ)がブログでアルバムを紹介してくれてました!いやー嬉しい!ありがとうございます〜共演した2つのトラック、フォーク×ラップの異色ガチ対決ってな感じなんで是非チェックしてもらいたいです!
http://urft2.exblog.jp/22056938/

                                                                                                                                                                                                                          • -

さて、今日は『SONG / ALBUM』を。なんてシンプルなタイトル。こういうアルバムタイトルなんだかグループ名だか判らないような人を食ったような盤が時々ある。まあ「ソング」というバンドの「アルバム」ということなんでしょうけれど。クラーク・ガーマン(Lead.G)、ミッキー・ルーニー・ジュニア(Rhythm.G)、ロブ・レウィン(Ba)、シェリー・シルバーマン(Dr)の4人組。食指が伸びたのも、カート・ベッチャー&キース・オルセンのプロデュース、A&Rはマイケル・ロイド、とあったから。ジャケからして無骨なアメリカン・ロックながら、キース・オルセンなら音は良いだろうと踏んだら、案の定、素晴らしい音!!

キース・オルセンフリートウッド・マックとかもそうだけれど、やはり素晴らしいエンジニアなんだと思う。分離が良く、クリアな音像、そしてなんかポップになるんだよね。このバンドも正直もともと垢抜けないバンドだったんじゃないかと思うんだけれど、楽器と分厚いコーラスの音ヌケが良いから、すごく気持ちよく聴けてしまう。そして流石と言うべきか、A面ラスト、”Banana High Noon”の長尺ギターソロにおけるシンバルの音とか、B面ラスト7分及ぶ”Medicine Man”のドラム・ソロとか、どう考えても狂喜の如きミックスでしょう。後半はブレイクビーツか、っていうレベルでして。アクースティック・ギターが入った曲なんかも、ビックリするぐらいのクリアな音。キース・オルセン好き(いるのか?)なら是非聴く価値有りだと思う。2分という短さながらポップで耳に残ったA-2”Like We Were Before ”はシングルが切られたみたい。B-4”Meatgrinder”なんて曲もハードなロック・サウンドに全編加わるコーラスがCSNっぽさもあって。



このアルバムにおけるカート・ベッチャーの役割は正直よく判らない。この手のバンドにしては分厚いコーラス・アレンジが彼によるものなのか(クレジットはないけれど)、単にプロダクション・クレジットとして載っかっているのか、それとも近年のASKA騒動みたいなことが文化的に起こりえなかった有る意味異常な60年代アメリカにおいて、スタジオにヤクでも持ち込んだのか…詳しいことは言えないので、ワカリマセン。



なんでもミッキー・ルーニー・ジュニアは今年4月に93歳で大往生した、俳優ミッキー・ルーニーティファニーで朝食をにも脇役で出演!)の息子。ちょっと調べてみたら、プレイボーイ誌の今月のプレイメイトに選ばれた女性と結婚したんだとか。カリフォルニアにあるがちな2世バンドというわけ。