いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Robbie Robertson

markrock2011-03-23

/ How To Become Clairvoyant ( 日本コロムビア / 2011 )


夢中になって聴いているマサカの新譜。言わずもがな、その主はアメリカン・ロックの最高峰、ザ・バンドのリーダーであり、ギタリストであるロビー・ロバートスンだ。寡作の人としても知られていて、映画として残された解散ライブ、ラスト・ワルツで1976年にザ・バンドが終焉を迎えて以来、今までに発売されたソロ・アルバムはたったの4枚。だいいち、初のソロアルバムですら1987年だったわけだ。


個人的には、新作があったとしても奇をてらった作りのものやヒップホップを導入したりと時代に阿った作品になると踏んでいたけれど、ロバートスンをプレイヤーの表舞台に呼び戻したのが、かつて共作もしているエリック・クラプトン(今作では7曲に参加、3曲を共作)だったのは大きい。成熟したアメリカン・ロックと言ってしまうのが陳腐な程の充実作だ。ピノ・パラディーノとイアン・トーマスという最強のリズム隊をバックに、ピッキングハーモニクスやガット・ギターを交えたギター・ソロを弾いている。いやはやまだちゃんと弾けるんですね、といったら怒られるけれど、プレイヤーとしては事実上の引退状態だったロビーだから、こうして生身のプレイを聴けるのは嬉しいという他ない。


ザ・バンド風味のバラード”When The Night Was Young”にグッと来る向きは多いはず。あと気になったのは”This Is Where I Get Off(“ここが降りる場所”)” 。ザ・バンドを解散した後、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドスンという残されたメンバーで再結成したバンドに頑として加わることないまま、二人のメンバーを失ってしまった。彼が失われた埋めることの出来ない時間を受け止めながらも、私は車を降りて別の道を進んだんだよ、という後悔がないことを再確認させるメッセージと受け取った。


ところでタイトルの” Clairvoyant”、辞書で調べてみると「千里眼」「透視力」ということ。「千里眼になるには」というのが曲のタイトルというわけ。


クラプトン以外のゲスト参加は、スティーヴ・ウィンウッドロバート・ランドルフトレント・レズナーナイン・インチ・ネイルズ)、トム・モレノ(レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン)ら。今作に関しては日本盤の方が輸入盤より先の発売、しかもボーナストラック("Won't Be Back"のデモ)なので、日本盤がいいかもしれない。