いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Robbie Robertson

markrock2011-03-23

/ How To Become Clairvoyant ( 日本コロムビア / 2011 )


夢中になって聴いているマサカの新譜。言わずもがな、その主はアメリカン・ロックの最高峰、ザ・バンドのリーダーであり、ギタリストであるロビー・ロバートスンだ。寡作の人としても知られていて、映画として残された解散ライブ、ラスト・ワルツで1976年にザ・バンドが終焉を迎えて以来、今までに発売されたソロ・アルバムはたったの4枚。だいいち、初のソロアルバムですら1987年だったわけだ。


個人的には、新作があったとしても奇をてらった作りのものやヒップホップを導入したりと時代に阿った作品になると踏んでいたけれど、ロバートスンをプレイヤーの表舞台に呼び戻したのが、かつて共作もしているエリック・クラプトン(今作では7曲に参加、3曲を共作)だったのは大きい。成熟したアメリカン・ロックと言ってしまうのが陳腐な程の充実作だ。ピノ・パラディーノとイアン・トーマスという最強のリズム隊をバックに、ピッキングハーモニクスやガット・ギターを交えたギター・ソロを弾いている。いやはやまだちゃんと弾けるんですね、といったら怒られるけれど、プレイヤーとしては事実上の引退状態だったロビーだから、こうして生身のプレイを聴けるのは嬉しいという他ない。


ザ・バンド風味のバラード”When The Night Was Young”にグッと来る向きは多いはず。あと気になったのは”This Is Where I Get Off(“ここが降りる場所”)” 。ザ・バンドを解散した後、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドスンという残されたメンバーで再結成したバンドに頑として加わることないまま、二人のメンバーを失ってしまった。彼が失われた埋めることの出来ない時間を受け止めながらも、私は車を降りて別の道を進んだんだよ、という後悔がないことを再確認させるメッセージと受け取った。


ところでタイトルの” Clairvoyant”、辞書で調べてみると「千里眼」「透視力」ということ。「千里眼になるには」というのが曲のタイトルというわけ。


クラプトン以外のゲスト参加は、スティーヴ・ウィンウッドロバート・ランドルフトレント・レズナーナイン・インチ・ネイルズ)、トム・モレノ(レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン)ら。今作に関しては日本盤の方が輸入盤より先の発売、しかもボーナストラック("Won't Be Back"のデモ)なので、日本盤がいいかもしれない。