いしうらまさゆき の 愛すべき音楽よ。

音楽雑文家・SSWのブログ

いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

2024年5月31日発売、V.A.『シティポップ・トライアングル・フロム・ レディース ー翼の向こう側にー』の選曲・監修・解説を担当しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420111943j:image
[NEW!!]2024年3月29日発売、モビー・グレープ『ワウ』、ジェントル・ソウル『ザ・ジェントル・ソウル』の解説を寄稿しました。

購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112225j:image
購入はココをクリック

f:id:markrock:20240420112255j:image
2024年2月23日発売、セイリブ・ピープル『タニエット』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112151j:image
2023年12月22日発売、ロニー・マック『ワム・オブ・ザット・メンフィス・マン!』、ゴリウォッグス『プレ・CCR ハヴ・ユー・エヴァー...?』、グリーンウッド・カウンティ・シンガーズ『ハヴ・ユー・ハード+ティア・ダウン・ザ・ウォールズ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112019j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112121j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112046j:image
2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Levon Helm

markrock2009-07-09

/ Electric Dirt ( Dirt Farmer Music 79861-2 / 2009 )


グラミー受賞の2007年の復帰作『Dirt Farmer』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20071112)に次ぐ作品がリリースされた。ザ・バンドのリヴォン・ヘルムのソロ。発売を心待ちにしただけあって、感慨深い。ココのところずっと聴いている。


タイトルからして、トラディショナル色が強かった前作をエレクトリック化させた盤と想像していたが、それほど間違ってはいなかった。しかし、思いのほかポップで驚いたというのが正直な所。前作より聴きやすく、個人的には好みかも。


プロデュースは前作に次いでラリー・キャンベル。リヴォンのドラムス、バイロンアイザックスのベース、ブライアン・ミッチェルのアコーディオン、ラリーのギター、フィドルマンドリンに娘のエイミー・ヘルムやラリーの妻テレサ・ウィリアムスがコーラスで参加する基本スタイルは変わらない。


ディランと演っていたラリーだけに、冒頭のグレイトフル・デッドM-1”Tennessee Jed”から、ハリのあるルーツ・サウンドが近年のディランを思わせる音に聴こえてきたりもする。ホーンも入って賑やかだ。ステイプル・シンガーズのM-2”Move Along Train”に続くM-3”Growin’ Trade”はリヴォンとラリーの共作だが、イントロの”The Weight”風のイントロからして明らかにザ・バンドを意識した作品。フィドルが荘厳な雰囲気を醸し出すM-4”Golden Bird”はハッピー・トラウムの作。『律とイサト』のモデルともなったアノ名盤『Happy & Artie Traum』のラストですな。マディのM-5”Stuff You Gotta Watch”はザ・バンド名義での1993年の再結成作『Jericho』でも聴けた。ゴギゲンな歌いっぷり。アコーディオンのソロがいい。M-8”You Can’t Lose What You Ain’t Never Had”でもマディを取り上げている。マディと言えば、1975年の『Woodstock Album』はリヴォンのウッドストック・スタジオで録ったもの。マディにも”Electric”Mudってなアルバムがあったことも思い出す。スタンリー・ブラザーズのM-6”White Dove”に次ぐM-7”Kingfish”はランディ・ニューマン作品。なんとアラン・トゥーサンがホーン・アレンジで加わっている。リズムパターンが目まぐるしく変わる、ニューマンらしい作。そして何と言っても気に入ったのが、M-11”I Wish I Knew How It Would Feel To be Free”。ポップ・ゴスペルという趣きのコノ名曲、ソウル・ファンなら知らない人はいないであろう、ソロモン・バークのヒット。最近このブログでも取り上げたが、ソロモンが歌うザ・バンドの”The Night They Drove Old Dixie Down”を聴いたこともあって、この逆カバーに出会ったことがなんだか不思議な気分で!