いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Phillip Goodhand-Tait

markrock2011-12-18

/ Songfall ( RythmOn / 1972 )


フィリップ・グッドハンド・テイトの諸作(初期4作)がCD化されている。こちらも韓国のレーベルより。レア盤や自主盤の再発よりもこう言ったメジャーどころからCDになってくれると嬉しい。契約の問題とか、CD化に漕ぎ着けるための、メジャーどころなりの問題点もあるみたいだけれど。


今日紹介するのはサード。ジャケだけでもどう考えても良い雰囲気。聴いてみると、ピアノの弾き語りを基本に、激渋なビター・ヴォイスが飛び出してくる。M-2”Everyday”はバディ・ホリーの有名曲をピアノ・シンガーソングライター風味にスロウにカバーしたものだったり(オールディーズどころではエヴァリー・ブラザーズの”When Will I Be Loved?”のスロウ・ヴァージョンも同趣向で激押し!)。しっとりとした”The Deserter”も最高だった。とはいえ、アコギのカッティングが気持ちよい”Blue Day”やカントリーっぽい”Country Green Ahead”みたいな曲もあったり、バラエティに富んでいる。


1曲選べといわれたらやはり”Leon”かな。コレはよく引き合いに出されるエルトン・ジョンの叙情を兼ね備えていて。


フィリップ・グッドハンド・テイトというと、既にLPで4作目(↓写真)を聴いたことがあった。ジャケの風情から言っても、発売時期から言っても、完璧なピアノSSWと踏んだわけだが、余りにスワンピーな声色にちょっと肩透かしを食らった印象があって。ただこの3作目を聴くと、随分と印象が変わった。