いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 David Porter

markrock2011-12-10

/ Victim Of The Joke?−An Opera ( Stax / 1971 )


デヴィッド・ポーターのソロ3作目。なんだかんだ初めて買った。サム&デイブが好きでも”Soul Man”や”Hold On I’m Comin’”を作ったデヴィッドのソロにはなかなか手が届かない。ソングライティングの相方アイザック・ヘイズは耳に入ったとしても。ヘイズは何しろ売れたから。デヴィッドは相当妬いたんじゃないかな。


ただ、この唯一CD化されている3作目の本盤を聴く限り、こっちの方が好みだった。ヘイズの低音・長尺も悪くないけれど、スムースなシャウトやシンプルでノリの良いメロを聴いていると、ヘイズの手柄と思われたサム&デイブはじめとしたヒット曲もデヴィッドに負う所が大きかったと思えてくる。とはいえ、トータルアルバム足ろうとする余り、インタールードを挟んだコンセプチャルな作りがちょっと取っ付き難さを与えるし、一番の聴き物がビートルズ”Help”の南部風カバーってのもちょっと残念にも思える。しかしその仕上がりが悪くないから困ってしまう。コレはシンガーとしての実力でしょう。


えげつないセルフ・カバーものなんかを聴いてみたかったけれど、エディ・フロイドなんかとは違って、自演アーティストとしては恵まれなかったから無理なオハナシ。でもついついソロを集めちゃおうかな、という気にもなってきた。