いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Barry Mann and Al Gorgoni

markrock2011-12-09

/ I Never Sang For My Father ( Bell / 1971 )

渋谷のハイファイ・レコード・ストア。先月から自分のアルバムを置かせてもらっている。そのお礼にと思いつつなかなか足を運べなかったのだが、やっと行く事ができた。整然とした店内に所狭しと並べられたセレクトしつくされたレコード達。ピカピカに磨かれたレコードと丁寧なポップを読むだけで、音楽愛に満ち溢れている。店長の大江田さんはいらっしゃらなかったけれど、はじめてお目にかかる松永さんにお礼を伝えることができた。なんだかとても緊張した。


いくつかレコードをピックアップした。ちょうどセール中で、レオ・セイヤーのソングライティングで知られるライターの『David Courtney’s First Day』とかDanny Coxがゲイリー・アッシャーのTogetherレーベルで吹き込んだ2枚組『Birth Announcement』あたりは700円くらいで入手できた。うれしかった!


あと、今日取り上げる1枚も今まで海外オークションで高いなと思いつつスルーしていた1枚。『Lay It All Out』期のバリー・マンがアル・ゴーゴニと一緒に作ったサントラ。タイトル曲”Strangers”だけはバリー・マンとシンシア・ワイルの共作で、ロイ・クラークが謳っている小品。ジミー・ウェッブの『The Naked Apeを初めて聴いた時のような、誰も知らない感触。激しい展開が少なく、アコースティック・ギターの音色が美しい楽曲も多くって、かなり好みかな。輸入DVDはあるようだが、ジーン・ハックマンらが出演したこの映画を観ることはなかなか難しいかもしれないけれど。


タイトルからして、親世代と交わらない若者を描いているようだけれど、裏ジャケのストーリーを読むと、やはりそんな感じ。ユダヤ人と結婚した主人公の姉が縁を切られたり。いつの時代もあったはずだけれど、とりわけ50〜60年代的なテーマかな。交わろうと努力するけれど、交われず、分かり合えない若者の葛藤を描いている模様。


リー・マンのファンなら聴いておいてもいいかな、という盤。