いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Michael Jackson

markrock2011-12-07

/ Immortal ( Sony Music Japan / 2011 )

死後、未発表テイクを集めた『Michael』が出たけれども、関連CDのリリースはエルヴィス並に永遠に続くだろうと思う、不世出のポップ・アイコン。流石にThis Is Itが叩き売られているのは見るに耐えないが。


さて、シルク・ドゥ・ソレイユの公演用にマッシュ・アップされた本作。手元にあるのはデラックス・エディションという2枚組だが、1枚組も出ている模様。こんな編集盤はどうせなら曲が多い方が良い。


同じく信者がいるビートルズの場合、『LOVE』でいじった音はカナリ賛否両論を呼んだけれど、こちらは余り気にならないのでは?ちょっとしたリミックス盤のような気持ちで聴いている。気の利いたDJの深夜のマイケル特集をラジオで聴いてる気分!未発表テイクや演奏の差し替えがあるんだけれど、そっちも全然気にならない。ジャクソン・ファイヴ、ジャクソンズ、ソロとキャリアを横断した編集も良い感じ。そういえば”Human Nature”のスティーヴ・ポーカロ(EX.TOTO)のデモってずっと聴いてみたいと思っていたけれど、YouTubeにあってビックリ。最近はTOTOのライブでもカバーされたけれど、マイケルへのトリビュートだろう。てなわけで…イモータルの王様マイケルをだらだらと聴こう。


話題は変わってオーディオの話。レコード・コレクターやミュージシャンが良いオーディオで音楽を聴いているかというと、知りうる限り必ずしもそうではなさそうだ。作り手の感覚だと、ウン十万円のスピーカーやアンプに耐えうる録音物を作ろうと思ったら気が張ってしまうし、そんな音楽を作ろうとしている人は残念ながらそうそういなくなってしまっている。PCスピーカーじゃ流石に困るけれど、そこそこのヘッドホンでも良いし、コンポや街中のスピーカーから流れていて心地よい音楽だったら、それは良い音楽なんじゃないかな。


そんな風に思ったから、往年の店舗用スピーカーである、Bose 101 ITという20年前位のちっちゃなスピーカーをリサイクルショップで買ってきて、最近使っている。それをリサイクルショップで1万円もしなかったYAMAHAホームシアター用アンプDSP-AX1500ってやつに繋いでみたら、それこそ喫茶店にいるような音で悪くない。良くも悪くもボーズの音だけど、慣れると違和感ナシ。


ちなみに愛用しているベスタクスのターンテーブルはこれまた中古で買ったmarantzの安物アンプ PM4400とONKYOの木製スピーカーで聴いている。marantzのPM4400だけど、CDを聴く場合は出力がありすぎて、小さいボリュームにすると音が割れてしまう。フォノ端子の方に繋げば割れないから、もっぱらレコード用になっている。近所メイワクを考えるとどうせ爆音で聴けないわけだし、置けるスピーカーの限界を知って身の丈に合った聴取環境を整備せねばイカンと痛感している。