いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Billy Joel

markrock2013-05-08

/ Cold Spring Harbor ( Family Productions FPS2700 / 1972 )


毎週立ち寄る三鷹パレードで発見!ビリー・ジョエルの何の変哲もないファーストなのだが、シュリンク付きオリジナルのファミリー・プロダクションのDJ COPY盤ではないですか。いつもの良心的価格にて、いやはや感無量。


このファーストはとてつもなく愛聴してきた一枚。ビリー自身は、回転数を変えられてしまい、声が高くなってしまっているこのファーストの仕上がりを余り気に入っていないようだけれど、収録曲を楽曲として愛して続けていることは、後のライブで度々収録曲が披露されていることからも判る。


さてさて、問題はオリジナル盤の音そのものだったわけだが、針を落としてみると…ハンパなし!アメリカで40ドル超えしているのが判りました。アッティラやハッスルズといったハードなロック・バンド出身だったことを伺わせる、太い音とシャウト!これだけはCDの音とは全然別物でした。”You Can Make Me Free”の後奏とか、音のウネリに飲み込まれそうになり。コレを聴くと、オリジナル盤至上主義になりそうになる自分がいて…。ホンモノはオリジナルLPでしか聴けないということかもしれない。以前ブートまがいでCD化された音とは全く違ったから驚いてしまう。曲によってはアレンジや長さもコロンビアからの再リリース盤とは違っている模様。ジミー・ハスケルのアレンジ&弦、ベースにはジョー・オズボーンとラリー・ネクテル。レッキング・クルーの参加だけでソフト・ロック的な弾むフィーリングが出てくる。


ファミリー・プロダクションといえば、バブルガム・ポップで知られるカーマ・スートラの社長だったアーティ・リップのレーベル。カーマ・スートラ時代から作品をリリースしていたソングライター・コンビ、アンダース&ポンシアのピーター・アンダースのソロ・アルバムはその縁からファミリー・プロダクションからのリリースとなっていて。その盤に無名時代のビリー・ジョエルが参加していることはファンの間では有名だ。


ビリー・ジョエル、ソロ・キャリアの船出を告げたこのファーストをかつて初めて聴いたとき、ポール・マッカートニーの”Maybe I’m Amazed”みたいだな、と思ったことが忘れられない。ビートルズの偉大さは色んな所で語られているけれど、ポール・マッカートニーが、エルトン・ジョンとも共通するポップ・ロックのイディオムを持ったピアノ・マンのルーツにもなっていたことは見逃せない事実。エルトンのレッグ・ドワイト時代の音とソロ・エルトンを比べても判るけれど。具体的には『Let It Be』の衝撃ですね。


とにかく、繊細な感性に彩られた、駄曲皆無の素晴らしい盤!

http://youtube.com/watch?v=zss0AzlFoYE