いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Peter Anders

markrock2011-01-08

/ Same ( BigPink / 1976 )


そういえば正月は大阪へ行ったのだった。レコード屋は新世界のナニワ・レコード(浅草にもあるような演歌等の邦楽専門店で、浪花節のレコードが60〜70年代のまんま新品で数枚売っていたのには感動した)以外は行けなかったものの、いわゆる観光を満喫。古ビル好きにはたまらん建物も多くて。あと、何気ない路地がツボでした。いわゆる「質屋のある通り」。東京は悲しいことに、中心部はもちろん、郊外都市でも大分そういった匂いが消えてきた。しかも、大資本が小さい店舗を駆逐していって、結局どこも同じチェーン店の看板しか目に付かないという、均質化した町並みが目について。アド街ックなんて番組はいずれ成立しなくなるんじゃないかとさえ思ってしまう昨今。大阪にもそろそろ、そういった波が来ている感じもしなくもなかった。でも大都市ですから、昭和の匂いが残っていることすら奇跡なんですよ。プロレスもまだ市民権がある感じだったし。


さて、家に帰るとピーター・アンダースのCDが届いていて。”Newyork’s A Lonely Town”をはじめ、ソフトロックを代表するソングライター・チームであるアンダース&ポンシアの片割れだ。1976年にTiger Lilyからリリースしていた幻のソロアルバムが奇跡の再発。再発元はまたも韓国BigPinkですな。LPではかなりレアで、海外オークションでも高かった!Tiger Lilyのコレが出たんだから、アラン・ゴードンの『The Extragordonary Band』とか、ジェイムス・ニュートン・ハワードのソロ、リビー・タイタスのファーストにジェリー・コービット&チャーリー・ダニエルズなんてのもいずれ出るかもね、というか出て欲しい!コレばかりはLPでそう簡単には入手できないから。


ファミリー・プロダクションから出た1972年の初のソロ・アルバム(レーベルメイトだった、CBS移籍前のビリー・ジョエルがピアノで参加!)はよく見かけるけれど、こちらは聴いたことがなかった。ということで楽しみに聴いてみると、アンダースの深みのあるブルー・アイド・ソウルが飛び出してきた。しかも曲は12曲中、1972年のソロアルバム10曲が丸々収録されていて、つまり同音源じゃないですか。ちなみに音としてはシンガー・ソングライター色が強く、良く言えば気取りがない音。アルバートハモンドとかキャット・スティーブンスみたいなアクースティックなSSWっぽい”Let Me Know The Truth About It”もあるし。時流に乗るという意味ではそんな音が念頭にあったのかも。その曲は女性コーラスが印象的。1976年にTiger Lilyでソロ・アルバムをリリースしたクライディ・キングにマキシン・ウィラードといったコーラス陣。


共作陣としては、ブッダのバブルガム・ポップを作り、後にジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツに加入するケニー・ラグナと”Let Me Know The Truth”を、”My Love Don’t Die Easy”ではジェリー・ゴフィンと。”Till It’s All Blown Away”はバートン&クニコのR.バートン(ヘレン・レディの”I’m A Woman”の作者)と、”On Your Love”はポンシアとの共作だ。


残りの2曲だけれど、まず”Bad Misunderstanding”はクリッターズへの提供曲で、トレイドウィンズのアルバムにも入っていたものと同じ音でしょう。1972年盤には含まれていなかったもう1曲”Sudden Creek”はクレジットが無くて詳細は判らないけれど、口笛も入って、60年代のアウトテイクらしき甘酸っぱいメロがもう最高!


ヴィニ・ポンシアの方は、畑違いとも思えるメーキャップ・ロックバンドのはしり、キッスを初め、プロデューサーとして後に大成功を収めている。一方、アンダースの方は一線を離れ、"Mr.Lonely"のヒットを生んだ自身のグループThe Videlsでオールディーズ・サーキットを回るなど不遇の時代を送っていたのだが、昨年ソロ・アルバム『So far』を奇跡的にリリースした。今注文しているところで、まだ届かないのだが、今回の旧作のCD化は、実にタイムリーだったと言えるだろう。


ちなみに彼のアンダース&ポンシアの音楽を色々聴きたい向きには、大滝詠一が英文推薦文を書き、永井博がロンバケ風イラストを付けた編集盤『Anders'n'Poncia Pop Works』や、音質はイマイチながら多くの未発表トラック含めた64曲を収めた編集盤『Anders & Poncia Masterworks』を探してみて欲しい。