いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

[楽器道」Vol.7 Aria Guitar Banjo SB-780G

markrock2013-05-12



3年ぶりの楽器道の更新を。意外と楽器を通じて検索してこられる方が大勢おられる。確かに自分も中古楽器などを物色している時は、ネットの情報を当てにしていたりもするし。


アリアのギター・バンジョーである。ギター・バンジョーは6弦ギターと同じチューニングのバンジョー。ギターが弾ければ誰でもバンジョーサウンドを楽しめるという一品だ。何を隠そう、Tokaiの中古5弦バンジョーを持っていながらにして満足に弾きこなせず、売っぱらってしまったのはこの私。今思えば後悔してもいるけれど。とはいえ本家バンジョーの偽物の如く思われるギター・バンジョーも、実はカントリーやブルーグラスラグタイムにジャズ、ブルーズなどで古くから用いられてきた由緒正しき楽器であるらしい。ブルーグラス界でも近年の若手ミュージシャンが、巧みなバンジョー・ロールをギター・バンジョーで演奏しているのを見たことがあるし、ポップ・カントリー界では若き歌姫テイラー・スウィフトだって使っている。ロック界でも、カントリーとの親和性が強いニール・ヤングが70年代から使っているのが有名だ。そうそう、バンジョーサウンドに限って言うと、USインディー・ロックではフリート・フォクシーズが、イギリスでは『バベル』で2013年グラミー賞最優秀アルバムを獲得したマムフォード&サンズも使っていて、その独特のサウンドに再び注目が集まっていることは確かだ。(そういえばジェイク・バグはマムフォード&サンズをして"バンジョーを持った金持ち農夫"とこきおろしたそうですが…)

そうしたミュージシャンと同列に語るのはおこがましいけれど、私も今までレコーディングやライブで使ってきた。ファースト・アルバム『蒼い蜜柑』に収録した”不安です”と”抵抗Ⅱ”、そしてセカンド・アルバム『愛すべき音楽よ』の”矢と歌”でその音色を聴くことが出来る。

"不安です"抵抗Ⅱ" → http://www.cdbaby.com/cd/5sounds3
"矢と歌" → http://www.cdbaby.com/cd/5sounds16

プラスチック製のサム・ピックに加え、人差し指と中指に金属製のフィンガー・ピックをつけることでパチンとしたハリのある音が出せる(ピックに関してはこちらを参照されたし。[楽器道] Vol.6 My Favorite Picks→ http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100831)。スリー・フィンガーでロールさせれば、れっきとしたバンジョーサウンドの出来あがりだ。ピックや指でジャカジャカ弾けば、ラグタイムやアーリー・ジャズの世界観が生み出せる。コイツを一台参加させるだけで、音の世界が決まってくるのは何とも不思議な効果だ。


ただ、オープン・バック・バンジョーを除けば、重たい楽器なのは玉に瑕。先日立てかけて置いたところ不注意で倒してしまい、ネックのジョイントが外れてしまうということがあった。もちろん折れたわけではないので修理に出したのだが、一本一本ボルトを回したり、なかなか調整が厄介な楽器だと思い知る。私のような素人では到底一人で修理するのは無理だった。また、Remo製のトップのタイコの張りは出荷時から全くいじられておらず、少し張りを強くする必要もあるようだった。そんなわけで全体的なバランスや弦高もこの機会に低めに設定してもらった。帰ってきた楽器の仕上がりには満足している。


バンジョーに惹かれたのはいつ頃からだろう。エリック・ワイズバーグです、とかジム・クエスキンです、なんて粋な理由ではなかった。武蔵野タンポポ団のようなジャグ・バンドや高田渡加川良といった日本のフォークに導かれてのモノだったのではないかな。その後、オールド/現代ブルーグラスにも心酔したけれど、テクニック重視に走るきらいがあったため、演奏力のないワタシなどは、今は素朴な音色の方がいとおしく思える。今でも大好きなリヴァーランド・ゲイリー・デイヴィスやグランパ・ジョーンズを中川五郎高田渡もルーツにしていたと知ったときは驚いた。そうそう、”ワシントン広場の夜はふけて”のヴィレッジ・ストンパーズも死ぬほど聴いたかな。バンジョーの音がエキゾチックで哀愁を帯びた音色に聴こえた瞬間。


弦はエレキ弦がベスト。色々聞いた感じだとダダリオのEXL115(ニッケルワウンド BLUES/JAZZ ROCK/WOUND 3RD .011〜.049)というやつがいいみたい。欲を言えば3弦はプレーン弦に交換した方が金属製のフィンガーピックを使う場合は傷が付きにくい。ちなみに弦交換の際は端のボールエンドを上手に外して、ブリッジの突起に引っかけて固定しなくてはならない。ボールエンド外しの際にボールごと弦が切れてしまうことがとても多いので注意が必要だ。そんなわけで正直弦交換が面倒過ぎるので7年くらい張りっぱなしの弦もある、という状況。それでもレコーディングには何の支障もなかった。


U.S.A Remo製のトップのタイコは真っ白だけれども、使ううちに、特に右手を置くところが黒ずんでくるんだけれど、これもバンジョーの味。共鳴させる金属もくすんできたりするわけだけれどまあそれも良い。手元にあるのはAria(荒井貿易)のSB-780Gという生産終了モデル。ただ、SB-780Gはバックの板にインレイがあるのが特徴らしいけれど、このモデルにはない。とは言え、それ以外の仕様はSB-780Gに近いように思える。2006年にSB-780Gですよ、ということで中古購入したのだが、もはやモデル・型番を確かめる術はもうない。

今度アルバムを作るとしたら、原点回帰・オーセンティックなフォーク・アルバムにしたい、と思っている。フォーク・ミュージックはその特質からして「伝統芸」として無名的に継承していかなければいけないな、と強く思う今日この頃。いつやるの?今でしょう!という、ね。懸案のジャグ・バンドも!

●Top:REMO
●Back&Sides:Mahogany
●Neck:Mahogany
●Fingerboard:Rosewood
●Bracket:24
●Bridge:Maple+Ebony+Maple
●Hardware:Chrome
●Finish:MH