いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

トニー・ブルーノの2枚。

markrock2016-11-27



年末になるとレコード針を替えようかな、と毎年思う。長年愛用しているVestaxのプレイヤーだけれど、Vestax自体が倒産してしまったから、針もなくなってしまって。結局それでも、数年前電気屋さんに聞いたらですね、同じ工場で作った同じ型の針がいろんなメーカーから出ている、ということで、ケンウッドの同タイプの針を買ってしのいでいたんですが、それも廃版になってしまったとかで。万事休す、かと思っていたら、ケンウッドと同じタイプの針を作っているところがありまして(http://www.apis-jp.com/)。たぶん大体どこのメーカーの新旧の針もある模様。買ってみたら、ケンウッドの針よりも出音が良かったのはびっくりした。いつまでもあるものなんて無いのだけれど、もうちょっとはしのげたら嬉しい。



さて、そんな針を落としているのはトニー・ブルーノのLP。渋谷のタワレコパイドパイパー・ハウスが期間限定出店しているけれど(出店期間が2017年7月まで延長になったとのことで、これもまた嬉しい!)、長門芳郎さんの再発『アンダース&ポンシア ポップ・ワークス』がなければこの人には出会えなかった。クリッターズのドン・シコーネ、ジノ・クニコ、ボビー・ブルームなどに交じってトニー・ブルーノのシングル”Small Town Bring Down”が入っていた。この2枚組3600円は高校生だった当時のぼくには高すぎて。ある種、清水の舞台から…でした。所沢のVanda Recordsで買ったはず。CDの外袋があったから思い出せた。西多摩近郊では当時在庫が相当豊富な店だった。

そういえばドン・シコーネは今年の10月に亡くなった。フォー・シーズンズのメンバーだった時期もあったイタロ系。フォー・シーズンズといえばメンバーだった元シュガーローフのジェリー・コルベッタも9月に亡くなった。ピーター・アンダースも今年3月に亡くなって。あまり話題にならなくて悲しかったけれど。フランキー・ヴァリの新作クリスマス・アルバムは期待しないと。

で、このトニー・ブルーノだけれど、1968年のキャピトル盤『An Original By Bruno』はカーマ・スートラ産、アーティ・リップのプロデュースでアーティ・バトラーの豪華なアレンジと粘っこくも感情過多なトニー・ブルーノのイタロ・ブルーサイド・ソウルがもう最高で!小粋な感じもあって。ポップ・ボーカルものはかなり集めているので、B級・C級色々聴いているけれど、プロダクション的にも間違いないのと、ロック世代の感性が注入されているのがこの作品を特別なものにしていると思う。ジャズに毛が生えた系の枠を出ないものが多いから。”Yesterday”はもちろんレイ・チャールズ版を下敷きにしている。” Small Town Bring Down”ももちろん収録。”What’s Yesterday”はディーン・マーティン『Dino』(1972年)の1曲目に取り上げられていて、すごく良い曲。

ところでファーストにあたるこの盤は、前年の1967年盤『The Beauty of Bruno』カーマスートラ・レコード)を、キャピトル配給になった際、別ジャケで出したものである模様。

さて、セカンドの1969年のキャピトル盤『I'm Feeling It Now』はアーティ・リップのプロデュースは変わらず、でアレンジや弦はロジャー・ケラウェイが手掛けている。やはりピーター・アンダースとトニー・ブルーノの共作が収められているほか、ビートルズの”You Can’t Do That”のソウルフルなカバーが白眉かな。リチャード・ハリス(ジミー・ウェッブ)の”Didn’t We”やボビー・ラッセルの”Little Green Apples”、ティム・ハーディンの”Reasons To Believe”もある。音の雰囲気は悪くない。

あとはカルト・バイカー・ムーヴィーである所の『Hell's Angels '69』のサントラを1969年にキャピトルで手掛けている。このLPは見たことがないけれど、再発CDは手元にある。基本トニーは音楽担当でここではソングライターとしての資質を期待されたのかな。トニー自身も1曲”Hang On Tight”を歌っているけれど、個性が活かされているとは言い難い。やっぱりトニー・ブルーノはファースト、セカンドの2枚が素晴らしい。今日の「本日の1枚」は1枚と言いつつ2枚と言うことで!