いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Billy Roberts & Grits

markrock2012-09-26

/ Thoughts Of California ( Tulip Records / 1975 )


ウィリアム・モーゼズ・ロバーツ・ジュニア=ビリー・ロバーツという男。男らしく、風に吹かれたジャケの人物に相違ない。生きていれば75歳になっている。遅すぎたアルバム・レコーディング作を1975年にたった1枚だけ残したこの人物、ロック史に残る名曲を書き上げた。その曲こそは"Hey,Joe"。キャス・エリオットも在籍したビッグ・スリー出身のティム・ローズによって取り上げられ、その演奏を聴いたジミ・ヘンドリクスが再度取り上げた荒々しくも達観したロック・ヴァージョンで世に知られるところとなった。カルト的なLAのフォーク・ロック・バンド、リーヴスのヴァージョンも印象深く、それを模したデイヴィッド・クロスビーのソロ・ヴァージョンも存在する。


長い間トラディショナルであるとか、クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスのオリジネイターだったディノ・ヴァレンティの作と伝えられてきたが、調べてみると、1962年に著作権登録されていて、ビリー・ロバーツが1956年にエディンバラで演奏した際にスコットランドのフォーク・シンガー、レン・パートリッジと共作しただとか、友人だったヴァレンティの出獄支援のためにこの曲を譲渡した、とかいうハナシが出てきた。どうりで確かにリーヴスのシングルもヴァレンティ作、とクレジットされていたわけだ。


もちろんこの曲を作る際にアタマにあったネタはあったようなんだけど、それを組み合わせて一つの作品にしたのはどうにもこのビリーさんのようなのだ。ジミをはじめ著名ミュージシャンがレコーディングしたことで、そしてそれを著作権登録したことで、人生は変わったはず。それがレコーディング作品の少なさと関係しているかどうかは判らないが、少しはあるだろう。


一曲目の"Country Music"、アップな曲で、ジャカジャカ鳴ったアコギがフォーキー出身を思わせる。時折みせるシャウトがまるでライブ・レコーディングのような生々しさだ。A面は他にもカントリー・ロッキンな"Rebound"など聴き所は多い。この曲などで聴かれるペダル・スティールはジョン・マクフィーによるものだ。B面"I Want Enemies(I Don't Need No Friends)"(凄いタイトル!)はフォーキー・ブルーズとでも形容してもいい、どう考えても同録でしょう、という息づかいの伝わる作。ディランの初期作みたいな。そして、感傷的なメロディのバラード"Thoughts Of California"が堪らなく良いんだよね。これはタイトル曲。


最近シンガーソングライターもののレコードを数枚買った国立のレコード屋がある。んでオークションでこのビリー・ロバーツを落札したら、たまたまそのお店だったので笑ってしまった。お店に行って主人に話すと、そりゃ当然、最近私が買った数枚ののレコードと同じ人が売ったモノらしい。売り主は往年のファンで、レコードくらいしか趣味がない人だが、最近レコードを手放しているらしい。数百枚処分してその殆どは売れてしまったということだけれど、その人のレコード棚の数枚が私の家のレコード棚にある、というわけだ。レコードにはビリー・ロバーツのサインが赤いマジックで書かれていた。1977年7月13日 Love,Billy、とある。

↓このアルバムには収録されていない、ビリー・ロバーツの歌う"Hey,Joe"(ライブ)。
http://www.youtube.com/watch?v=sARMCTnDcbE