いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Spyder Turner / Stand By Me

*[ソウル] Spyder Turner / Stand By Me ( MGM / 1968 )

f:id:markrock:20200723102939j:plain

昨日買ったレコで、一番はじめに聴き始めてみた。デトロイトで育ったソウル・シンガー、スパイダー・ターナーの代表作『Stand By Me』。本名はドワイト・D・ターナーで、スパイダーは彼につけられたニックネーム。”Stand By Me”はもちろんベン・E・キングの代表作で、ジョン・レノンもカバーしたあの曲。ジェイムス・ブラウンの”I Feel Good”やスモーキー・ロビンソンの”My Girl”、チャック・ジャクソン”Any Day Now”などの唄真似がこれでもかと織り込まれる楽しい仕上がり。サム・クックの”You Send Me”が織り込まれるあたりで、スパイダー・ターナーも演っていたドゥ・ワップ的階段コード進行の曲だなと改めて気付かされたり。このカバー・ヴァージョンは1968年にそこそこヒットして一躍時の人となった(ビルボード12位、R&Bは3位)。アルバムにはサム&デイヴ”Hold On I’m Coming”やジェリー・バトラー”Your Precious Love”といったソウル・ヒット・ナンバーに加え、”Moon River”や”Dream Lover”なんかも含まれていて、ビリー・スチュワートとか、ジャッキー・ウィルソンのような白人聴衆寄りのメロウなソウルを演じるイミテーターだったとわかる。ただ、スパイダー自身もそれに不満を感じたのか、後にノーマン・ウィットフィールドの元でレコードを作ることになる。アルバム『Stand By Me』で素晴らしいと感じたのはアップなノーザン・テイストの”I’m Alive With A Lovin’ Feeling”。「ヘヘイヘイ」とか言っちゃう、そっちの筋の人には堪らない楽曲。アルバムの全編アレンジはマイク・セオドアとデニス・コフィー!