いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Tortoise Matsumoto(トータス松本)

markrock2012-04-14

/ Twistin’ The Night Away ( Warner / 2012 )


最近久しぶりに買って読んでみた小説ダウンタウン小路幸也)。70年代後半のいち高校生とそれを取り巻く人々の日常が、旭川の喫茶店「ぶろっく」(実在するらしい)を中心に展開される。実在する「場」というものが希薄になりつつある昨今だから、いくぶんかノスタルジックに読まれるだろう小説。70年代の音楽が小ネタのように織り込まれるのがいい。もちろんタイトルはシュガーベイブなわけで、それを汲んだ解説のタイトル「いつも通り」もいい。しかし読んで思ったのは、人はネット上の仮想連帯だけで満足できるのか。その答えはどうもNO、というのが最近感じる結論だ。


さて、レコードやCDはどんどん増えつつあるが、目玉が飛び出たのはコレかな。トータス松本サム・クック・アルバム全曲カバー盤。サンプル盤で半信半疑聴いたけれど、コレは買わなくちゃ、という仕上がり。レコードに針を落とす音から始まって、鳴り始めた音は信じられないくらいサム・クックのレコードの音!しかも、トータスの声に聴き慣れた耳には、はじめの30秒はトータスが歌っているように聴こえたんだけれど…途中からはホンモノと区別が付かなくなった。伸びのある特徴のある節回しをいくら好きだからってココまで似せられますか?っていう。演奏するバンドやエンジニア、そして”パロジャケ”なジャケット含めたトータルな仕上がりは参りましたの一言しか出ない。


元々3.11前にリリースの予定だったそうで。CD化が遅れてレアだったサム・クックのオリジナルLPを「だったらおれがCDにしてやる!」ってことで始まったプロジェクトらしいけど、これがなんの巡り合わせか知らないが、今年になってサムのRCA盤が一斉にCD化されることになり。オリジナルLP『Twistin’ The Night Away』も晴れてCDで簡単に聴けるようになったわけだ。


コレを機に、サムの音楽が多くの人に聴かれることを願う。トータス氏も同じ気持ちのはず。ちなみに私はRCAの再発はRCA Albums Collection 』で入手。輸入物なら8枚で2500円、って安すぎでしょう。初期の数枚は昨年出た激安ボックス『Eight Classic Albums』で押さえておきたい。なんだか最近のCDはダウンロードされるくらいなら安く売ったろ、的な叩き売りが目立つ。有り難みが無くなるのが一番コワイから、そう言う時は昔から良く聴いていたabckoのベスト盤で”A Change Is Gonna Come”を聴く。そうそう、ゴスペル時代の3枚組ボックス『Sam Cooke with Soul Stirrers』も一通り聴いた後に聴くと浸みる。