いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 爆音でレコード!

markrock2015-08-01



どうにもレコードには勝てない。煩悩を断ち切ろうとしてもレコードだけはダメだ。学生の頃から変わらない。音もそう。新しい音楽は新しいメディアで聴いた方が良いに決まっているけれど、古い音楽はレコードに軍配かな、と改めて思っている。懐古趣味では全くなく。ただ盤起こしなんかもある日本盤はその限りではないかな。モノにもよれどやっぱり迫力のUS盤が一番かな。さらにはアーリー・プレス、白プロモの凄い音なんぞ聴くと、ハイレゾとかどうでも良くなってしまう(愛好家の方、ごめんなさい!)。



CDばかり聴いていた頃はそんなことには全く気が付かなかったし(デジタル=善、みたいな)、ただただノイズやキズを極度に恐れていたんだけれど、それももしかするとレコードをCDに買い換えさせるための業界の洗脳だったのかとまで思っているくらい(笑)。普通の赤白ケーブル、リサイクルショップでも行けば誰も見向きもしないちょっとしたアンプ、ターンテーブル、スピーカーで凄まじい音が出せるんだから。振り返れば小学校以前はソノシートコロムビアのポータブルで)、小学校ではカセット全盛、中・高でCD全盛(売り上げも)、それが大学でレコード…となぜか逆行してしまった。合理性に基づくメディアの変遷を同時代で感じつつ、合理性と全く別次元の魅力にとりつかれてしまったような気もする。



そもそも古く疲弊したマスターをリマスターの度にデジタルでこねくり回しても、そう良くはならないことは目に見えている。あとは自身の過去の恥部を隠すためにアーティストやプロデューサーがいじりすぎている場合もあるし、制作過程を知らないエンジニアによるリミックスともなればまるで別の作品だ。ちなみにレコードと一言で言っても、30〜40年代は元々余り音が良くないし、正確なピッチでないものもある。それが50年代だったらジャズ、ロックン・ロール、ブルーズ…60年代から70年代初頭のロック、フォーク、カントリー、ソウル、ドゥ・ワップ、オールディーズの類はほぼレコードの音にハズレなし。生楽器のふくよかさとか奥行きとかが違うかな。そしてもし可能なら…爆音で聴くことをオススメしたいです。近所迷惑とか色々あると思うのですが、爆音じゃないと、ダメなんです。。ここでスカスカのCDとの違いがすぐに分かるはず(もちろんCDがダメだとかそんな単純な話では全くないのでそれだけは誤解されないように…)。

私がレコードのその凄さに気付いた1枚のシングル(シングルはLPと違った面白さがある)、忘れもしない下北フラッシュ・ディスクで100円で購入。”Columbia Hall Of Fame”のロゴが入った赤黒レーベル(DUみたい)のSimon & Garfunkelの”The Boxer”。何の変哲もない盤で、誰もが知る超有名曲。コレ、私もそれまで日本盤シングルやらCDやらを中学時代から相当聴き込んできたわけだけど、帰宅して爆音で聴いたところ…この曲のミックスがいかに「狂っている」か、ということに初めて気がついた!20年近く聴き続けて一度も聴こえてこなかった音。中〜後期のS&Gはスタジオの良さや初期16トラックの導入などもあり、フォークというよりほぼ実験音楽の領域だった。それにしてもS&GとRoi Haleeのアタマの中はどうなっていたのだろう? 60年代アメリカはドラッグなしでは語れないけれど、ストレート、品行方正なイメージのS&G(実はそうでもないのだが…)がいかに狂気を孕んでいたかがよくわかる。後半、ライラライ…のコーラスにストリングスが絡まっていくんだけれど、次第にメロディを追い越してその響きが渦を巻いて、聴いているこっちも完全に音に吸い込まれてしまい…まさかボクサーでトリップするとは思いもよらなかった!



その後、このことをフラッシュの椿さんに報告すると「一篇の映画を見るような気分ですよね〜」なんておっしゃっていた。まさに言い得て妙だと思いました。



そんなわけで先日も色々と…

疑似ステレオと表記のあるPelvis、じゃなくてElvis。RCAつーとペラペラ盤ですがコレは分厚い盤!すさまじい音圧!そしてSlyのカナダ盤1A、こちらも文句なし!



Bobby…Dylanのモノ・セカンド・プレス、同じくBobby Vee & The Cricketsのファースト・プレス…ずっと聴きたかった一枚…



こちらは1987年のThe Crickets。3人のサインがあった。Richie Havensは名盤『Mixed Bag』の続編でWingsの”Band On The Run”に果敢に挑んでいる。



S&Gファーストのファースト・プレス1A/1E。そこまで音に拘っていた時期ではないから衝撃、まではいかないけれど、持っていた後期プレスより良かった。そしてStackridge。



そして極めつけは…コレ、画像ではわかりにくいけれどホワイト・アルバムのUSオリジナル初期プレス。昨日からコレばっかり聴いている。そしてまだまだ発見がある…