いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Bionic Gold

markrock2012-04-04

/ Same ( Big Sound /1977 )


これは正直中身が判りづらい盤。ジャケット見ただけじゃ「なんじゃこれ」でしょう。実はコレ、1977年リリースのフィル・スペクターもののカバー・レコード。ビッグ・サウンド・レコード所属のミュージシャンによるカバーという趣だが、正直イマイチ名前を見てもピンと来なかった。ただ、バッキングを担当するビッグ・サウンド・オーケストラのメンバーの中にジョン・タイヴンの名前を発見したから買ったようなもの。ジョン・タイヴンは90年代になって、60年代の音作りを蘇らせるプロデューサーとして玄人受けした人。確かバーズのロジャー・マッギンやツェッペリンロバート・プラントの参加したアーサー・アレキサンダーのトリビュート盤も手がけていたはず。


とか言いつつ良く見るとミック・ファレンの名もあったりするわけだけど。


カバーはスペクター・サウンドというより、普通のバンド・サウンドでカバーされているなが逆に新鮮。メロディが際だつというか。ちょいソウルフルな”Da Doo Ron Ron”(ちなみに男声ボーカルで)みたいないかにもスペクターな選曲から、ビートルズやジョンのソロも含めて、スペクターが手がけた楽曲を選んでいる。”This Could Be The Night”を取り上げているのとか、ちょっとマニアックでしょう。予想以上にロックで楽しめた。ロックパイル〜デイヴ・エドマンズ好きにもオススメしたいもの。


YouTubeにも一部あったんで、クレジット・曲目等はそこから転記しますが。


Tracks
01. Robert Orsi - He Hit Me
02. Vince Whirlwind - Breakin' Up
03. The Scratch Band - Then He Kissed Me
04. Philip Rambow - Why Do Lovers Break Each Others
05. The Nelsen Adelard Band - Love Like Yours
06. Hilly Michaels - Instant Karma
07. The Scratch Band - Uptown
08. Fran Kowalski - I Can Hear Music
09. Vince Whirlwind - This Could Be the Night
10. Philip Rambow - All Grown Up
11. Roger C. Reale - Da Doo Ron Ron
12. The Nelson Adelard Band - Two of Us
13. Mick Farren - To Know Him Is To Love Him

Bionic Gold is an album of cover versions of songs originally produced by Phil Spector. Each performer was signed to the Big Sound label and collectively they were backing on many of these tracks, credited as the "Big Sound Orchestra".
Bionic Gold reached cult status mostly cause of the acts playing on the album.
Roger C.Reale and Hilly Michaels (from the band Rue Morgue), Philip Rambow (former leader in The Winkies) and Mick Farren.
The Big Sound Orchestra was:
Jon Tiven (electric & acoustic guitars, saxophones) / Roger C.Reale (bass guitar) / Doug Snyder (bass guitar & keyboards) / Doug Schlink (clavinet & piano) / Hilly Michaels (drums) / Marc Bell (drums on 13)