いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Bat McGrath & Don Potter

markrock2013-03-16

/ Introducing ( Epic BN26499 / 1969 )


バット・マグラス&ドン・ポッターが韓国Big Pinkから再発されたようだ。なんだか未CD化の盤を探す、なんていう流行も一段落した感がある昨今だが、この盤は探した記憶があるからか、そのCD化にはちょっとした感慨はあった。


バット・マグラスとの出会いは大学生の頃、毎日通っていた高田馬場の中古レコード店DISC FUN。ジャズ中心の店だったから、とにかくロックとかシンガー・ソングライターものが安かった。水辺でたたずむジャケットの『From The Blue Eagle』(1976)という盤。確か400円とかだった気がする。何と言っても、ジミー・ウェッブをきっかけにお気に入りになっていたプロデューサー・コンビ、フレッド・モーリン&マシュー・マッコリーの二人がプロデュースを務めているというのが買う決め手だった。聴いてみると素晴らしいアコースティック・ギターの音色。お気に入りの一枚となったことは言うまでもない。


それから、ちょっとAORっぽくなった『The Spyを西新宿の名店レコードコレクターズの店頭で見つけて買った。これは980円、とかだったはず(なんかレコードを手にすると思い出すものだ)。そしてこんどはインターネットでレコ探し、の時代が到来し、アメリカのとんでもない在庫のレコ屋Last Vestige(レコード最後の墓場、っていう店名です!)から買うようになり、数度目にダメもとでオーダーして探して貰ったのが、このBat McGrath & Don Potterの『Introducing』だった。こちらは美盤とは言い難いが20ドルくらいした気がする。ドン・ポッターのソロ『Over The Raibow』も一緒に買ってこちらは8ドルだった。当時日本で『Introducing』は6000円とか7000円なんて値が付いていたレコード。アメリカらからだと送料もかかるから、10枚くらい合わせて買った上で船便でコストを抑えて、2ヶ月くらい届くのをじっと待ったのだった。


レコードの内容はというと…それはそれは素晴らしいモノだった!アクースティックなフォーク・ジャズとも言える洗練されたサウンド。エピックだし、S&Gっぽいかと言うと、ロックに接近していったS&Gよりはもっとフォーク寄りというか。ジャケットもギタロンという珍しい楽器を抱えたバット・マグラスとD-28(たぶん)を抱えたドン・ポッターが実にいい感じ。殆どの曲が二人の共作で、ポール・クレイトンの曲が1曲入っていたのが、彼らのフォーク気質を思わせた。タイトルも、高田渡『ごあいさつ』みたいな感じでいいでしょう?


こんな想い出のあるレコードだから、CDの方は買わなくていいかな、と思っている。今回この「CD」を手に入れた人は、またこんな想い出を作るのだろうか。


最後にオマケ。マグラス&ポッターはアルバム未収録のシングルもリリースしている。キャロル・キングの”Song Of Long Ago”のカバー。私はモノ/ステレオのラジオ・ステーション・コピーを持っている。そちらもプレ・AOR風味もある素晴らしい出来だ。下でも聴けた。
http://www.youtube.com/watch?v=eK0r04f5Pfs