いしうらまさゆき の 愛すべき音楽よ。

音楽雑文家・SSWのブログ

いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

2024年5月31日発売、V.A.『シティポップ・トライアングル・フロム・ レディース ー翼の向こう側にー』の選曲・監修・解説を担当しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420111943j:image
[NEW!!]2024年3月29日発売、モビー・グレープ『ワウ』、ジェントル・ソウル『ザ・ジェントル・ソウル』の解説を寄稿しました。

購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112225j:image
購入はココをクリック

f:id:markrock:20240420112255j:image
2024年2月23日発売、セイリブ・ピープル『タニエット』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112151j:image
2023年12月22日発売、ロニー・マック『ワム・オブ・ザット・メンフィス・マン!』、ゴリウォッグス『プレ・CCR ハヴ・ユー・エヴァー...?』、グリーンウッド・カウンティ・シンガーズ『ハヴ・ユー・ハード+ティア・ダウン・ザ・ウォールズ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112019j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112121j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112046j:image
2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

SSW

 Dana Cooper

/ Same ( Elektra / 1973 ) 1曲目の”Lover, Baby, Friend”、コレはドンピシャの好きな音。メジャー・センスのカッティングに、ポール・ウィリアムスをもっと甲高くしたような温かい歌声が飛び出してくる。間奏にジム・ホーンのサックスが入ってくるだけで急…

 ヒグチアイ

/ リアリティー( 自主 / 2011 ) 先日のライブイベントでご一緒したヒグチアイさんのCD。ピアノの弾き語りと、ちっちゃい体からほとばしる力強い歌声が、強烈に音楽したいことが伝わってきて、こちらもじっくりとうたに向き合いたい気持ちにさせられる。…

 Phillip Goodhand-Tait

/ Songfall ( RythmOn / 1972 ) フィリップ・グッドハンド・テイトの諸作(初期4作)がCD化されている。こちらも韓国のレーベルより。レア盤や自主盤の再発よりもこう言ったメジャーどころからCDになってくれると嬉しい。契約の問題とか、CD化に漕…

Carole King

/ A Holiday Carole ( HEAR MUSIC / 2011 ) キャロル・キング、ホリデイ・アルバムのリリースは意外だったが、盟友ジェイムス・テイラーにもあったから、出してもおかしくないかとも思う。ソロではやはり親を超えられなかった娘のルイーズ・ゴフィンがプロデ…

 Don Cooper

/ What You Feel Is How You Grow ( Roulette / 1972 ) ツイッターに移行してブログのほうは閉鎖しちゃう、なんて人も多い今日この頃。メディアとしては廃れる方向にあるけれど、栄枯盛衰が付き物の世界。音楽プロモーションの場として一世を風靡したmyspace…

 Maria Muldaur & Her Garden of Joy

/ Same ( Stony Plain / 2009 )コレは聴き逃していて失敗だった!ジャグ・バンドのルーツに戻った会心の一枚!かなり音もよくって、スウィンギーなアコギやマンドリンの音もとっても良くって。ラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンやステファン・グ…

 Quacky Duck and His Barnyard Friends

/ Same ( Warner/ 1974 )音楽ライターの清水祐也くんから借りたレコード。彼は誰よりも面白いレコードを知っている。 スティーヴ・ミラー・バンドのドラマー、ティム・デイヴィスのソロ『Take Me As I Am (Without Silver Without Gold)』とか、ファニーなジ…

 Gene Cotton

/ Liberty ( myrrh / 1974 )お盆に合わせて両親の故郷である金沢に帰省。いつ行っても温かい人の心に触れられる素晴らしい土地だ。流石に暑かったけれど、先祖代々の土地に行って感じられる落ち着きというものはかけがえのないものと思う。東京は漂白民の街…

Daniel Kwon

/ Don't Look Now ( 自主 / 2011 )さて、久々の更新を。PCの不調やら、大震災後の日本を覆うやるせなさも相俟って。音楽の可能性について色々思索する時間も必要だった。アナログからデジタルへと、テレビの世界で容赦なく行われた移行騒ぎは終結し、業界…

 J.D.Souther

/ Natural History ( Victor / 2011 ) これだけリリースを心待ちにしたってのも久しぶりだ。6人目のイーグルス、なんて肩書きがいまだに取れないJ.D.サウザーの新譜セルフカバー集。もう66歳になっている彼だが、ベスト盤の怪物的な売り上げで知られるアメリ…

 Chris Smither

/ Honeysuckle Dog ( OKRA-TONE RECORDS / 2004 ) クリス・スミザー。ポピュラー音楽の歴史に名を刻んでいる人では決してないのだが、70年代のシンガー・ソングライター・ファンならば、その道を通らない人はいないだろう。 70年代初頭の伝説的な2作以降、殆…

 Randy Newman

/ Songbook Vol.2 ( Nonesuch / 2011 ) これは良かった!ランディ・ニューマンの弾き語り再録集の第2弾。パッケージのボブ・ディランの賛辞と共にある、CBSサンデイ・モーニングの「ランディ・ニューマンは我々世代のスティーヴン・フォスターであり、マ…

 Carly Simon

/ Never Been Gone ( Iris Records / 2010 ) 昨年出ていたカーリー・サイモンの新譜。オリジナルではミック・ジャガーがハーモニーを付けて大ヒットした”You’re So Vain”やマイケル・マクドナルドとの共作”You Belong To Me”を含むリメイク作ということで、…

 John Batdorf & James Lee Stanley

/ All Woods And Stones ( Beachwood / 2005 ) 買おう買おうと思いつつ大分長い時間が流れていた。ジョン・パドーフとジェイムス・リー・スタンリーという2人のシンガー・ソングライターのデュオ作。70年代のシンガー・ソングライターものに興味がある人なら…

 Peter Anders

/ Same ( BigPink / 1976 ) そういえば正月は大阪へ行ったのだった。レコード屋は新世界のナニワ・レコード(浅草にもあるような演歌等の邦楽専門店で、浪花節のレコードが60〜70年代のまんま新品で数枚売っていたのには感動した)以外は行けなかったものの…

 Dan Hill

/ Intimate ( Universal / 2009 ) 紹介しないまま年を越してしまった一枚。カナダのシンガー・ソングライター、ダン・ヒルの新作だ。”Can We Try”といったデュエットもので’80s AORファンにも支持の厚い人。寡作家ながら、マシュー・マコウリーとフレッド・…

 Norton Buffalo

/ Desert Horizon ( Capitol / 1978 ) そう言えば昨年、ノートン・バッファローが亡くなったのだった。スティーブ・ミラー・バンドのブルース・ハープ奏者として知られている彼、たくさんのセッション作品があるけれど、これは彼の2枚目のソロ・アルバムで、…

 Livingston Taylor

/ Last Alaska Moon ( Coconut Bay / 2009 ) キャプテン・ビーフハートが亡くなっちゃったのね…谷啓とか深町純さんとか、驚きの訃報に触れた一年でした。 さて、リヴィングストン・テイラーの昨年出た新作だけど、アマゾンのレビューだったか何か忘れたけど…

 Albert Hammond

/ Legend ( SONY MUSIC / 2010) アルバート・ハモンドの5年ぶりの新作。前作は2005年にヨーロッパ発売された『Revolution of the Heart』。コレは日本で全く話題にならなかったけれど…そちらは以前レビューを書いたのでこちらをどうぞ(http://d.hatena.ne.j…

 Paul Simon

/ Getting Ready For Christmas Day ( Official Site / 2010 ) 毎年この時期になると、ホリデイ・シーズンと言うこともあり、キリスト教圏では賑やかな雰囲気。アーティストのホームページも、それらしい装いになっていて面白い。そんなわけでポール・サイモ…

J.D.Souther

/ Rain Live at the Belcourt Theatre ( Download / 2009 ) J.D.サウザーの現在の所の新作。と言っても、久々の復帰作『If The World Was You』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090128)に合わせたツアーの模様を収めたライブ音源だ。入手はi-Tunesおよ…

 Ian Tyson

/ Ol’ Eon ( A&M SP-9017 / 1973 ) 今日、ふと気がつくとアクセスが20万を超えていた。本当に重箱の隅のようなブログでありながら、見ていただいている方がいるのだと思うととても嬉しい。一時期やめようかと思ったこともあるけれど、読んでくれる方が1人で…

Bob Carpenter

/ Silent Passage ( Reprise / 1975 ) 何の気なしに取り出して聴いてみたレコード。うーん、いやされる。静謐なSSWの世界。やっぱりこういう音が好きなのだ。70年代も半ばをすぎると、シンプルなフォーキーは時代遅れになっていくんだけれど、良い盤も多…

 Daniel Kwon

/ Same ( Motel Bleu / 2010 ) 以前デモCDを紹介したことのあるダニエル・クォン。韓国系アメリカ人ながら日本に住んでいる。繊細なアクースティック・ギター・ピッキングにエミット・ローズを思わせるボーカルが載ってくるという正統派SSWらしさと、エ…

Chris Gantry

/ Same ( ABC / 1975) ナッシュビルのシンガーソングライター、クリス・ギャントリーの自身の名を冠したセカンドアルバム。グレン・キャンベルが歌ってヒットした”Dreams Of The Everyday Housewife”やビリー・ウォーカーの”Sundown Mary”で知られる人。その…

 Victoria

/ Secret of the Bloom ( San Francisco SD-201 / 1970 ) デヴィッド・ルービンソンのプロデュースで1970年、って時代を考えると、サマー・オブ・ラブの残り香があるヒッピー・ライクな陰鬱なSSWかな?と思いつつ買ったんだが、なかなか美しいハイトーン…

 Marc Cohn

/ Listening Booth :1970 ( Saguaro Road / 2010 ) やっと届きました。マーク・コーンの新作。90年代にデビューしたシンガーソングライターで一番肌にあった人はこの人だった。ジェイムス・テイラーと言ったウェスト・コースト人脈がバックアップをしていた…

Charlie Starr

/ Just Plain Charlie ( Mercury SR 61209 / 1969 ) 犬ジャケ、と言いましても、これは盲導犬なのでありまして。盲目のシンガー、チャーリー・スターの1枚目。なんでも7つの楽器を操れるらしい。ジェイムス・テイラーの激シブカバーを含む2枚目の『Tough …

Paul Cotton

/ Firebird ( Futuredge Music / 2000 ) ジャケットからするとカントリー回帰か?と思わせるけれど、エイティーズな哀愁ロックが展開される”Woman with a Broken Heart”を聴いて、そうでもないな、と。 さて、ポール・コットンである。言わずとしれた名カン…

Bill Staines

/ Bridges ( Red House / 1989 ) CDで手に入れた。もう、良すぎますね。フォーク好きにはアタマからシッポまでおいしすぎる盤。1983年にミネアポリスのコーヒー・ハウスでビルとサポート・ギタリストのガイ・ヴァン・デューザーの2人で録音したもの。 美…