いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 JD Souther / Tenderness ( Sony Music Masterworks / 2015 )

markrock2015-06-25



表記がJ.D.サウザーからJDサウザー、とマイナー・チェンジしていたけれど。JDサウザー69歳の新作。寡作の人、というイメージで大滝詠一と被るのは、1984年の『Home By Dawn』から新作のリリースが途絶えてしまったことにある。大滝も同年の『イーチ・タイム』でリリースが途切れてしまった。さらに言えば、大滝の不朽の名盤『ロング・バケイション』(1981年)のアイデア源だったのが、J.Dサウザー『You’re Only Lonely』(1979年)だったという事実。JDはそのタイトル曲でロイ・オービスンの”Only The Lonely”といういわばオールディーズの定石をアダプトし、愛あるトリビュートを行った。晩年のロイのトリビュート・ライブにもJDは顔を出していたけれど。さらに、ティーンエイジャー時代の憧れであったろうエヴァリー・ブラザーズのフィル・エヴァリー本人をコーラスに迎えて”White Rhythm And Blues”を歌っていたりもする。大滝がクレイジー・キャッツの新曲を作ったようなはしゃぎっぷりだったことは容易に想像できる。

さて、そんなJD、完全に隠居状態だったはずなのに、『If The World Was You』(2008)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20081019)で突如としてレコーディング・アーティストとして復活。ライブ活動も再開(2009年の来日ライブ・レビューは→http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090128)。ここからはリリースラッシュ。2007年のヨーロッパ・ツアーの4曲入限定CD(『Possible Weather』)、2009年にはダウンロード限定のライブ音源『Rain Live at the Belcourt Theatre』がリリースされる(ちなみに来日公演を収めた『Midnight In Tokyo』はダウンロードのみならずLPやCDといったフィジカルでのリリースもなされた)。


そうなると期待が高まるのはライブで演ったこともある”Doolin’ Dalton”や”New Kid In Town”などイーグルスへの提供曲の自演。”Doolin’ Dalton”は無かったけれど”Best Of My Love”や”The Sad Cafe”、”Heatache Tonight”なども含んだセルフカバー作『Natural History(2011)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20110611)にはファンの溜飲を下げる何かがあった。音はコンデンサー・マイクくささがあって耳元で囁くような恐いくらいリアルな音だったけれど、個人的にはすごく楽しめた。

さて、今作は復活後のジャジー路線を押し進めたもの。「グレイト・アメリカン・ソングブック」的なジャズ・スタンダードを念頭に置いた、歌詞と音のマッチングが楽しめる。ありがちなカバーではなくオリジナルを作ろうとした気概を評価したいところ。プロデュースはジョニ・ミッチェルやマデリン・ペルーとの共同作業で有名なラリー・クライン。だからジョニの音にも近い、クワイエット・ストームサウンドに感じられた。ジャケットの雰囲気からしても夜のムード。ジャズ・バンドのようでJDのギターもあるから(往年のフォーキーな個性も感じられる)、従来のロック・コンボ・スタイルとジャズとの折衷かな。古い仲間だとギタリストのディーン・パークスが参加(ロック・フィールドのセッションマンというイメージがあるけれど、最近ディーンがジャズ・ロックバンドでギターを弾きまくっている1970年あたりのLPを見つけた。スティーリー・ダンでも弾いているし。)。ちなみにJDのボーカルの艶は衰え知らずだ。



一番心に残ったのは、月並みだけれど、1曲目の”Come What May”。気の利いた歌詞がジャズ・ボーカルものを思わせる。センチメンタルで、かといって達観していてもいて。今から訪れようとしている別れを前にして、



「ぼくたちに持ちうるものは 今日、今ここしかないんだ。
君が出て行くのを、子どもの頃のようにさみしがる。
生きたければ行ってもいいよ、ぼくはここに留まろうと思う。
幸運を祈るよ、ぼくは大丈夫。
何があろうとも(Come what may)…」



ジェイムス・テイラーの新作にも感じたことだけれど、時代の節目にあってのことなのかもしれないし、単に年を重ねた老ミュージシャンの感慨なのかもしれない。でも、時代や社会を憂いて生きていたってしょうがないんだ、という素直な気持ちを、私は前向きに捉えることができた。



新作を聴いたらファーストを聴く、というのがいつもの習慣。イーグルス結成以前のグレン・フライと組んだ『Longbranch Pennywhistle』は改めてどう響くだろう。このLP買うために食事を抜いたとか、そんなことも思い出しつつ…

JDのサンプラーCD『20 Songs』のレビュー
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20061218