いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Chris Smither

markrock2015-11-23

/ I’m Stranger Too!( Poppy[RCA] PYS 40013 / 1970 )



クリス・スミザー!久々に聴いたら…もう最高の気分だ。家から一番近くにある中古レコード屋、ほぼ毎日のように行っている三鷹のパレードにて、ちょっと割れてるけどもし良ければ…ということで頂いてしまった。レコードの盤質とか割れとかは全く気にしないので、嬉々としてプレイヤーに載せると…SSWの理想型がそこにはあった。

90〜00年代は相当多くのSSW盤が再発されたものだと今にして思う。リアルタイム世代だけでなく、我々のような当時大学生だった世代も面白がってそこに惹かれていった、というのが今思えば不思議だ。もちろん現在のJ-POPのルーツとして突如脚光を浴びたはっぴいえんどの周辺ミュージシャンの参照枠として、アメリカン・ミュージックが地味な所まで掘られていった動きとも関連しているけれど、それだけではなかったと思いたい。大きくなり過ぎてしまった音楽産業の中で、自分だけの唄を、隣で囁きかけてくれるように歌い継ぐシンガー・ソングライター達のパーソナルなムードにある種の居心地の良さを感じたのではなかったか。現代のカフェ文化の水脈を辿っていくとそんな所にもぶつかったり。



クリス・スミザーはというと、このファーストとセカンド『Don't It Drag On』との2in1をCDで購入したんだったか。似たプロダクションだったタウンズ・ヴァン・ザントなどもその頃レコードでよく買っていた。



それにしても初めて聴いたとき、その声色の説得力に圧倒された。近作を聴いたときにもそれを確信したけれど、ギター1本でも憑依したブルーズ・マンのような所があって。声やギターの一音一音に全くもって迷いがない。このファーストにはニール・ヤング(”I Am A Child”)やランディ・ニューマン(”Have You Seen My Baby”、フォスターを引用した”Old Kentucky Home(Turpentine And Dandelion Wine)”)といったカバーも含まれているけれど、それこそ人類のコモン・ストックであるような珠玉の楽曲をブルーズ・マンの如く自分の唄に作り替えている。音楽のヒントは現在ではなく過去にある。



バンドの音も良く録れていて。基本はリズム・ギターを務めるジョン・ベイリーとクリスの二人で作った音だろう。プロデュースは60〜70年代の並み居る大物と仕事をしているロナルド(ロン)・フランペインとSSW好きならまず押さえるだろうマイケル・クスカーナ。エンジニアにはブルックス・アーサーの名前も。一番ブルーズど真ん中な”Love You Like A Man”はブルーズ姉御ボニー・レイットのアルバム『Give It Up』に取り上げられたのだった。そう、B面1曲目のタイトルが”Homunculus”というのも印象深くて。ホムンクルスと言えばルネサンス期の錬金術パラケルススが作れると主張した人造人間だ。



ジャケットも人を食ったようで良い。アメリカを代表するデザイナーのミルトン・グレイサー。86歳でまだご存命。トマト・レコードのロゴも彼。なんといってもニューヨークのあのキャンペーン・ロゴが代表作!