いしうらまさゆき の 愛すべき音楽よ。

音楽雑文家・SSWのブログ

いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

2024年5月31日発売、V.A.『シティポップ・トライアングル・フロム・ レディース ー翼の向こう側にー』の選曲・監修・解説を担当しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420111943j:image
[NEW!!]2024年3月29日発売、モビー・グレープ『ワウ』、ジェントル・ソウル『ザ・ジェントル・ソウル』の解説を寄稿しました。

購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112225j:image
購入はココをクリック

f:id:markrock:20240420112255j:image
2024年2月23日発売、セイリブ・ピープル『タニエット』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112151j:image
2023年12月22日発売、ロニー・マック『ワム・オブ・ザット・メンフィス・マン!』、ゴリウォッグス『プレ・CCR ハヴ・ユー・エヴァー...?』、グリーンウッド・カウンティ・シンガーズ『ハヴ・ユー・ハード+ティア・ダウン・ザ・ウォールズ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112019j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112121j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112046j:image
2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Chris Smither

markrock2015-11-23

/ I’m Stranger Too!( Poppy[RCA] PYS 40013 / 1970 )



クリス・スミザー!久々に聴いたら…もう最高の気分だ。家から一番近くにある中古レコード屋、ほぼ毎日のように行っている三鷹のパレードにて、ちょっと割れてるけどもし良ければ…ということで頂いてしまった。レコードの盤質とか割れとかは全く気にしないので、嬉々としてプレイヤーに載せると…SSWの理想型がそこにはあった。

90〜00年代は相当多くのSSW盤が再発されたものだと今にして思う。リアルタイム世代だけでなく、我々のような当時大学生だった世代も面白がってそこに惹かれていった、というのが今思えば不思議だ。もちろん現在のJ-POPのルーツとして突如脚光を浴びたはっぴいえんどの周辺ミュージシャンの参照枠として、アメリカン・ミュージックが地味な所まで掘られていった動きとも関連しているけれど、それだけではなかったと思いたい。大きくなり過ぎてしまった音楽産業の中で、自分だけの唄を、隣で囁きかけてくれるように歌い継ぐシンガー・ソングライター達のパーソナルなムードにある種の居心地の良さを感じたのではなかったか。現代のカフェ文化の水脈を辿っていくとそんな所にもぶつかったり。



クリス・スミザーはというと、このファーストとセカンド『Don't It Drag On』との2in1をCDで購入したんだったか。似たプロダクションだったタウンズ・ヴァン・ザントなどもその頃レコードでよく買っていた。



それにしても初めて聴いたとき、その声色の説得力に圧倒された。近作を聴いたときにもそれを確信したけれど、ギター1本でも憑依したブルーズ・マンのような所があって。声やギターの一音一音に全くもって迷いがない。このファーストにはニール・ヤング(”I Am A Child”)やランディ・ニューマン(”Have You Seen My Baby”、フォスターを引用した”Old Kentucky Home(Turpentine And Dandelion Wine)”)といったカバーも含まれているけれど、それこそ人類のコモン・ストックであるような珠玉の楽曲をブルーズ・マンの如く自分の唄に作り替えている。音楽のヒントは現在ではなく過去にある。



バンドの音も良く録れていて。基本はリズム・ギターを務めるジョン・ベイリーとクリスの二人で作った音だろう。プロデュースは60〜70年代の並み居る大物と仕事をしているロナルド(ロン)・フランペインとSSW好きならまず押さえるだろうマイケル・クスカーナ。エンジニアにはブルックス・アーサーの名前も。一番ブルーズど真ん中な”Love You Like A Man”はブルーズ姉御ボニー・レイットのアルバム『Give It Up』に取り上げられたのだった。そう、B面1曲目のタイトルが”Homunculus”というのも印象深くて。ホムンクルスと言えばルネサンス期の錬金術パラケルススが作れると主張した人造人間だ。



ジャケットも人を食ったようで良い。アメリカを代表するデザイナーのミルトン・グレイサー。86歳でまだご存命。トマト・レコードのロゴも彼。なんといってもニューヨークのあのキャンペーン・ロゴが代表作!