いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Livingston Taylor / Blue Sky( Whistling Dog Music / 2014 )

markrock2014-08-12


タイトル『青空』。良いですね〜。素晴らしくヒューマンなシンガー・ソングライター、リヴの新作。ジェイムス・テイラーの弟、なんて今更何をって感じですが。今作のジャケが2009年の前作『Last Alaska Moon』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20101224)や前々作2006年の『There You Are Again』 http://d.hatena.ne.jp/markrock/20060331)に比べて安上がりになった感があって(メジャーを離れたからだろうけれど)、ジャケと中身は対応している場合が多いから(制作費は重要なのです)ちょっと心配したけれど、安定のテイラー・メイド。安心した。っていうか、最高傑作じゃないですか!

今作のプロデュースはナッシュビルのベテラン・ライター/シンガー/プロデューサーのマック・マクナリーが手掛けている。共同プロデュースのチャーリー・パスは若手ミュージシャンで、リヴが”ステージ・パフォーマンス”で教鞭を執るバークリーの生徒だったみたい(http://www.berkleegroove.com/2012/12/05/qa-with-berklees-own-viral-youtube-sensation-charlie-puth/)。



いつも楽しみなカバーの解釈は後述するとして、オリジナルの充実度にも目を見張るものがあった。チャーリー・パスと共作した冒頭の”Would You Mind”なんて、リヴの作風の良いとこ取り、みたいな。R&B、ジャズ、フォーク、ゴスペル…亜米利加音楽の絶妙なブレンド。タイトル曲の”Blue Sky”ではブルーグラス・ゴスペルとでも言えるイントロから、胸に迫るテイラー・メロディが飛び出す。兄ジェイムスもそうだけれど、アクースティック・ギターを抱えてもただのフォークにならないところが、素晴らしい。そんな、アメリカン・ミュージックの歴史や蓄積を感じさせる部分が、作品の奥行きに繋がっているのだろう。ちなみに、参加しているミュージシャンも素晴らしいけれど、リヴ本人もプレイヤーとして舌を巻く巧さだっていうことは、教則本や来日公演(今でも思い出すけれど、素晴らしかった…→http://d.hatena.ne.jp/markrock/20061215)で良くわかった。そしてそして、兄ジェイムスも1997年の『Hourglass』で取り上げていた”Boatman”の自演。アルバム前半からバッキング・ボーカルを務めていたチャーリー・パスと女性SSWのチェルシー・ベリー(http://www.chelseaberry.com/)にとうとう2番以降のリード・ボーカルを譲る、感動的な仕上がりとなっていた。30も40も年の違う二人を包み込むようなリヴの歌声が温かくって。他にもしっとりとしたピアノで聴かせる”Shouldn’t Have Fallen”もスタンダードの風合いで気に入った。



そして、カバーなんですが、嬉しかったのは最近1980年作のCD再発が話題のバリー・マン&シンシア・ワイルの”Here You Come Again”。個人的にはドリー・パートンよりも、B.J.トーマスのヴァージョンが大好きだったけれど、今回のリヴのヴァージョンもお気に入りに加わった。ジェリー・ダグラスのドブロを入れたのは、やっぱりこの曲にはカントリーのヒット曲、というイメージがあるからだろう。でも、耳コピしてみると判るけれど、転調に転調を繰り返す、ギターじゃあ作ろうと思っても作れない優れた一曲。じゃあピアノなら作れるのか、っていうと、そこがバリー・マンの傑出した才能なんですけどね。



あとはリヴのライブでは大サビ(ココのメロディ、サザンが”涙のキッス”で引用している)を観客に歌わせる、という定番、スティーヴン・ビショップの”On And On”は、ちゃんと大サビをリヴが歌っている。ライブでは、こんなの声でないよ!だから歌ってよ!ってな感じが面白いんだけれど、ちゃんと歌えてるじゃん、てのもファンにはめっぽう可笑しい。さらにローラ・ニーロの”Sweet Blindness”も見事にハマっているし、ハンドクラップ・スタイルのブラック・ミュージックの小粋なフィーリングでカバーした”Paperback Writer”も面白かった。ポピュラーではフレッド・アステアジンジャー・ロジャース『スウィング・タイム』のために書かれた”Pick Youself Up”とラストのボーナス・トラックの扱いだけれどロジャース&ハマースタインの”I Have Dreamed”を。これらも暖炉でほっこり聴くようなイメージ。年配のアメリカ人だったら郷愁を感じるような…リヴの住んでいるボストン、私も大昔に住んでいたんですが、また帰りたいなぁ、とそんな気分にもなって。音楽って、本当に、良いものですね〜と水野晴郎さんじゃないけれど、聴き終えてそんな風に思えた一枚!

http://livtaylor.com/

私的には『Life Is Good』が座右盤なんですが、皆様はいかがでしょうか?