いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Carly Simon

markrock2007-01-19

/ Into White ( Columbia / 2007 )


ヨー・ソウ・ヴェイン!ってミック・ジャガーとのデュエット。鼻歌になるホドのヒット曲を出すってやっぱり凄いこと。カーリー・サイモンの新作がムチャクチャ癒される仕上がり。。何より女性にしては落ち着いた低い声が好み。元旦発売の日本語盤はM-15”Hush Little Baby / My Bonnie”のボーナストラック収録とのことでこちらを入手。ファンにはこちらがオススメ。


基本的には全編カバー中心のララバイアルバム。レコーディングはアコギ・生ピアノ中心のアクースティックで簡素な仕上がり。同じスタンダード作でも前作との違いはソコ。さらにカントリー/フォークな楽曲を取り上げている。また、元夫ジェイムス・テイラー作品を演ったり、ジェイムスとの間に設けたサリー・テイラー、ベン・テイラーの息子・娘組と共演したり、いろんな意味で“テイラーメイド”の仕上がり。まあファンもそれを求めているんでしょうけれど。


冒頭タイトル曲M-1”Into White”はキャット・スティーブンスの作。1997年作『Film Noirでカーリーと共演したジミー・ウェッブっぽいメロにカーリーの好みを感じる。さらにジェイムスがファーストで演ったフォスターのM-2”Oh! Susanna”、ビートル・ポールのM-3”Blackbird”、サリー&ベンと共演したジェイムスのM-4”You Can Close Your Eyes”。これにはジェイムス似のベンの歌声に涙。さらにM-6”Manha De Carnaval(黒いオルフェのテーマ)”、M-7”Jamaica Farewell”、M-8”You Are My Sunshine”(結構スローで好アレンジ)、さらにジェイムスとかつてデュエットしたエヴァリーものをメドレーで(M-10”Devoted To You / All I Have To Do Is Dream”)。万全の選曲。S&Gで知られるM-11”Scarborough Fair”はマーティン・カーシー版を意識。マイナーメロに実に合う声。M-12”Over The Rainbow”は昨年カーリーとデュエットを披露したジェイムスの弟リヴもレパートリーにしている。ベン・テイラーと絶妙な共作をしたデヴィッド・ソーのM-14”I’ll Just Remember You”と言った新曲も全く違和感無く溶け込んでいる。ピアノの音色の優しさと言ったら、もう!


凡庸なスタンダード作かとタカを括ってもいたのだが、聴いてビックリ。耳に優しい統一感と時代を超えた普遍性。ナントモ上質な一品。