いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Livingston Taylor / Safe Home(Chesky / 2017)

markrock2017-06-25



今年の3月リリースでしたか。買おう買おうと思いつつ、気付けば6月も終わりになって。2000年代に入ってからの作品はWhistling Dog MusicとCheskyからリリースされているけれど、今回はジャズのCheskyから。1993年の『Good Friends』や1997年の『Ink』もCheskyからのリリースで、どちらもカバー中心のライブ感ある作りだったけれど、今回もその路線。ジャケが割と低予算風で粗い感じってのも共通している(笑)。あれ、と思ったのは2015年の録音だったこと。リヴのアコギ、シェリー・バーグのピアノ、デイヴ・フリンクのベース、そしてパーカッションにあのバシリ・ジョンソンが入っているんですね。そして今作は一押しの女性シンガー・ソングライターのチェルシー・ベリーのお披露目盤的な意味合いがあるみたい。ホームページ(http://www.chelseaberry.com/)を覗くとクリス・スミザーもその才能を賞賛している。優しい歌声でリヴの個性とぶつかり合うことはない。音楽生活50周年記念盤にあってリヴの音を若返らせくれた。

1991年の『Our Turn To Dance』に入っていた”I Must Be Doing Something Right”のセルフカバーが冒頭に配置されていて、その他チェルシーにヴォーカルを委ねた”Louie Is Blowing the World Away”(ルイ・アームストロングに捧げた曲)や”Answer My Prayer”(キャロル・ベイヤー・セイガーとの共作で2009年の『Last Alaska Moon』収録曲)、”Shouldn’t Have Fallen for You”を除く10曲がお得意のカバーで。ほっこりするのはやはりチェルシー・ベリーとデュエットする”Penny Lane”。ケニー・ランキンのヴァージョンなども想像しつつ聴いたけれど、しっかりリヴ色を出している。オズの魔法使いのメドレー”Merry Old Land of OZ/Over The Rainbow”では後半、リヴ3枚目のアルバムのタイトル曲だった”Over The Rainbow”をチェルシーに任せていて。改めて思うけれど、ミュージカルもののドリーミーなタッチが兄ジェイムスとはまた違ったリヴの個性なのかなと。中でも『ピーター・パン』の”Never Never Land”は凄く良かった。『アニーよ銃をとれ』の”Anything You Can Do”のリヴ&チェルシーの掛け合いも○。そしてラストの”Bye Bye Love”と”Try To Remember”はフォーキーなリヴが大好きなファンの期待を裏切らない。エヴァリーズの”Bye Bye Love”はデイヴィ・グレアムの”Anji”のサビのギターフレーズをアレンジしたイントロがくっ付いているなど、ブルージーに展開していて。”Try To Remember”はフォーク世代にとってはブラフォーということになるけれど、リヴはスロウなピアノでしっとりと。

しかしさすがのリヴもお爺ちゃんになったなあと思ったり。まだ66歳ではあるんですが(1950年生まれ、ちょうど私の父と同い年なんですね…)、この『Safe Home』のジャケットを見ていると、「じゃあ行って来るね」「気をつけて帰って来てね(Safe Home)」…という何気ないやり取りの中に「あと何回プレイできるのかなぁ…」という寂しさみたいなものが感じられなくもないような…



今までのリヴ・テイラーのレビューはこちらを(http://d.hatena.ne.jp/markrock/searchdiary?word=livingston%20taylor)。