いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Richie Havens

markrock2013-04-27

/ Now ( Epic/Solor / 1991 )


リッチー・ヘヴンスが亡くなったという。恐ろしい喪失感とショックに包まれている。しかも、リッチー・ヘヴンスの持っていないレコードを探していたその日だったのだから驚いた。いつも音楽に気持ちを向けていると、こんな気持ちのシンクロが起こることがある。


リッチーと言えば、何と言っても伝説の1969年のウッドストック・フェスティバルでの怪演”Freedom”に尽きるでしょう。飛行機で次の出演者が到着しないというトラブルでステージを伸ばす必要が出てきたリッチー、持ち歌を歌い尽くした末に、コンガとオープンチューニングのギターで弾き始めて口をついて出たのが満員のヒッピーを前にしての”Freedom!”の歌詞だったという…伝説の生まれる瞬間はドラマティックなものだ。そこにニグロ・スピリチュアルの”Sometimes I Feel Like A Motherless Child”の歌詞を織り込んで…


ウッドストック・エラのアイコンとして、そんな時代に一生縛られたキャリアだったのは致し方ないにしても、絞り染めのヒッピー然とした衣装、ターコイズの大きな指輪をした大きな手でザクザクと刻むストロークはフォークシンガー、シンガーソングライターとしても唯一無二の個性そのもの。ラブ&ピースの理想主義で現実を包み込もうとした、大らかさと優しさを持ったシンガーだったと思う。


60〜70年代のレコード好きにはStormy Forestというレーベルの創始者としても知られている。そのレーベルにはKris Petersonなどレイト・シックスティーズを感じさせる素敵なレコードも残されていた。黒人フォークシンガー、というと女性ならオデッタ、男性ならハリー・ベラフォンテやジャッキー・ワシントン、テリー・キャリアー、それにレオン・ビブだとか行ったところが思い出されるけれど、彼ほどまでにロック的な感性を持ったミュージシャンはいなかった。そう言う意味では、ジミ・ヘンドリクス同様、ロック・ファンに愛されたのも当然かもしれない。個人的にはボブ・ディラン30周年記念ライブでの”Just Like A Woman”のカバー、そして、1991年の『NOW』に収録されたジミヘンのカバー”Angel”がベスト・テイクかな。『NOW』にはタック&パティもカバーしたシンディ・ローパーの”Time After Time”も収録されていた。ギターは聴けないけれど、ディープ&ソウルフルなボーカル名盤として聴ける。


2008年『Nobody Left to Crown』のレビュー↓
http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100626

http://youtube.com/watch?v=W5aPBU34Fyk