いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Richie Havens / Common Ground

*[SSW] Richie Havens / Common Ground (Connexion / 1983)

1969年、伝説のウッドストックにて、次の出演者が飛行機で到着する「場つなぎ」で即興で演じられたという”Freedom”で知られる黒人フォーク・シンガー、リッチー・ヘイヴンス。修行僧のようないで立ちにターコイズの指輪で、ギルドのアコギを抱え込んで歌うラヴ&ピース世代の象徴のような人でもあった。ギターのリズム感が尋常じゃないんですよね。オープン・チューニングのギターでパーカッシブに倍速リズムのカッティングを刻みながら、ディープ・ヴォイスの歌はバラードのノリという唯一無二の音。カバーを全て自分の世界に引き込んでしまうから、あのボブ・ディランも30周年記念コンサートに彼を呼んで”Just Like A Woman”を歌わせていた。同じディランの”All Along The Watchtower”と、ジェイムス・テイラーの”Fire And Rain”、ジョージ・ハリスンの”Here Comes The Sun”が稀代の名演でした。

60年代フォークやロックの人たちは80年代に作品を出せず苦労した人も多いが、リッチーもその例にもれず。ただ、彼のディープ・ボイスはソウル風味のAORサウンドとの親和性は結構高く、1983年にイタリアでこんなアルバムを作っていた。アレンジ・プロデュースに加わっているのはイタリアの大御所ピノ・ダネリ。ピノとの共作によるファンキーな”This Is The Hour”をはじめ、トータルで聴き所が多い。ザクザク刻むアコギはないけれど、ボーカリストとしての魅力が確かめられる作品だ。同じくボーカリストとしては1991年にEpicからリリースされた『Now』という大傑作も残している。


ちなみに内ジャケの姿はまるでアイザック・ヘイズのような!