いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 サーフ・ライダーズ 

markrock2010-08-24

/ 時代遅れのラブ・ソング( Victor / 1978 )


ワイルド・ワンズのドラマー植田芳暁が結成したウェストコースト風味のバンドのセカンド。昔湘南サウンドを軽く本気で研究したことがあって、その時にレコードで買ったような記憶もあったけれど…今日CD化されていることに気づいて手に入れてみた。うーん、やっぱり持っていたような…負けたような気分だが、探すのも面倒なので聴こう。


実はそこまで期待しなかったのだが、かなり良質の気持ち良いサウンド。歌謡色は比較的薄く、ウェスト・コーストの風は確実に吹いてますよ!ライナーのインタビューで植田が明かしている通り、ビーチ・ボーイズからイーグルスに至るウェスト・コーストのハーモニーものに焦点を当てている。時はまさにポパイな時代が一通り到来し、西海岸がキていたわけで。ワイルドワンズ自体もむちゃくちゃコーラスが上手いバンドなわけだけだが(ビーチ・ボーイズなんかをやらせると凄い!)、このバンドもこれまたキレイにハモるんだな。植田のハイトーンがやはり光っている。


オーストラリア出身のピーター・シューイがヴォーカルと詩で参加した”サーフラ・サーフラ”は、タイトルでもじった“さくらさくら”な、というよりベンチャーズ歌謡な和のメロディと“サーフィンU.S.A”な、というより“Back In The U.S.S.R.”を融合させたユニークな作。英語詞でありまして。ラストはボーナストラックでディスコもの単発シングル“ゴー・ウェスト”(ヴィレッジ・ピープル)。ここまでいくとサーフものでも何でもなくなってきて、このバンドの末路が一発で理解できるけれど、それは抜きにしても日本語のディスコって面白いですな。


森雪之丞鈴木義之(バニーズ)がライターで参加。対バンも演っていたハルヲフォンの近田春夫が鍵盤を弾く曲も。ライナーの裏にはRCサクセションと対バンを演った懐かしのチラシなんかが当時の空気そのままに刷られていて、日本のロックの正史からは消え去っているけれど、確かに存在した、ベテランが気を吐いたこのバンドを忘れてはならないと感じさせられた。カバーも入ってよりサーフィンGS的な作りのファーストもCD化されている。山下達郎みたいな化け物級のアーティストが世に出てこなければ、そこそこ話題にはなっただろう。