いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 浦沢直樹 

markrock2010-08-30

/ 半世紀の男 ( フライング・ダッコチャン・レコーズ / 2009 )



浦沢直樹氏だけれども。実は漫画はまったく読んだことが無くって、エレックがらみのコンサートに出たのを昨年見たのが最初かな。だから、彼をミュージシャンとして初めて見たというわけ。20世紀少年くらいは知っていたけれど、詳しく知らなかった訳ね。でも、曲を聴くからにボブ・ディランが好きだと解りました。CDのプロデューサーだった和久井氏とディラン本も出してましたね。


そうして、世間の人々から大分遅れて、映画版20世紀少年3部作を見るに至ったわけですよ。いやー、完全完璧な時代遅れでした。漫画が出てから10年近く経ってるわけだし。珍しく民放TVのお陰で。


さてさて、素晴らしい作品でした。まさにモンスター級の漫画家だね。コレにもし世間が反応しなかったらそら可笑しいコトですな。堂々と20世紀というか、昭和という時代を描いた作品。もっと言うと個人的には、東京三多摩地区で少年時代を過ごし、1970年代後半に大学生活を謳歌した世代の物語と読みました。学生運動にも遅れをとってしまった世代の、ね。万博の理想や進歩主義の失敗に対する喪失感、コレはワタシのような30になったばかりの者にもギリギリわかります。


そしてそして、さらに言うならば、ロックの死に対する苛立ちを表明した作品とも読みました。詳しい人にとっては、そんなの自明かもしれませんけど、ワタシは初めて観たもんでね…まあいずれにせよ、一番胸を打ったにはこのメッセージかな。ロックが時代を変えてくれるんじゃなかったのかよ、だったら…っていう。コレは冒頭の校内放送でT・レックスの”20 th Century Boy”をかけても何も変わらなかったシーンでも良く解るんだけれど、だからこそ、もう一度ロックの祭典を、音楽を信じる者のみが地球滅亡から救われる(音楽好きなら、不謹慎ながらこんな妄想を抱いたことがないだろうか…)、ってなシーンが3作目のラストに登場する。そこでアコギを担いだ唐沢利明演ずる遠藤ケンヂ(ホンモノのエンケンさんこと遠藤賢司も3作目に登場)が歌うのが、本作で最も重要な曲として扱われる”Bob Lennon”(浦沢作)なのだった。タイトルからしてロックの象徴(ディラン+レノン)なわけだけれど、曲としては、あのThe Bandの”The Weight”を下敷きにしていると思われる。それはケンヂの乗ったチョッパー・バイクが登場する60年代アメリカン・ニューシネマの傑作イージー・ライダーでも重要なシーンに使われていた。


さてこの映画、他にも憧れとしか言いようのない60〜70年代のオマージュが沢山登場する。漫画にはもっとあるみたいだけど。少年時代の遊び場に設置したトランジスタ・ラジオから”Like A Rolling Stone”が流れるのは出来すぎとしても、ラジオという20世紀のメディアで人々が一つになるシーン−これはウルフマン・ジャックの登場するアメリカン・グラフィティとも共通した−は、飢えた時代の音楽の力をもう一度考えさせてくれる。


さて、オウムを連想させる宗教ネタとか、9.11以降の世界の有り様、なんて所まで話を広げたくもなる所だけれど、個人的には、CCRのシングル”雨を見たかい”…、それ、僕も大好きだよー!みたいな、浦沢氏のロックに対する愛が至るところから伝わってきてしまって、最後は話の筋よりも、ロックの死に対して何を為すべきか、という問題がアタマを占めてしまった。


さて、ロックを以てして世界を変えられなかったというのなら、その責任は一体…浦沢氏はそれを自分の中に見たんじゃないかな。20世紀少年である「ともだち」は20世紀を生きた誰の心の中にもある、というわけで。だから、いまだにロックを生きているボブ・ディランに熱を上げる理由だって、泉谷さんはじめアマチュアリズム全開なエレックの現役フォーク・シンガーを信奉する気持ちだって、とてもよく理解できる。ロックが死ぬのを目前にしていても、やっぱり希少種ともなったロック・スターに自分の全てを、未来を、託したいんだよ。この気持ちはプロレスと同じかな。音楽ジャーナリストの長谷川博一さんが話していたことがやっとわかった気がする。ロックとプロレスの相似。浦沢さんとは直接お話したことはないけれど、ある部分では自分と同じコトを考えているのではないかと勝手に思いました。わはは。いやー、思いこみ激しくてスミマセン。


と、そんなわけで、漫画家がヒットに便乗して音楽やりました、と考えて浦沢氏の初の作品集『半世紀の男』を聴き逃しているのは完全に片手落ち。ミュージシャン浦沢直樹を理解せずして、20世紀少年は一切理解できないと気づいた、とまぁそんなお話でした。それではバハハーイ。