いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

くるり 

markrock2010-09-06

/ 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ ( ビクター / 2010 )



久々にNatural Recordsのライブに行ってきた。イベント「きちじょうじのなつやすみ」の最終日、泉谷しげるが放水器を撒き散らしてスパークしていたその日の夜。吉祥寺のPLANET Kにて。


一言で言ってNatural Records、ロックでした。とうとうヴォーカルの宮武弘が根源的に持っているロック魂に、バンドの音がより共鳴しあって来たのかな、と。バラードもロックになってしまうと言う。この時代だからこそロックだよ、って思ってしまった。先行き不透明だとか、草食系だとか、いい加減なことを言って時代やそこに生きる人間を勝手に規定している奴は一体誰なんだ。第一メディアの作った虚像のようにも思えるそんな名付けに、不況だから仕方ない、だとか、俺も草食系かもな、だとか言っている輩、「シ・バ・イ・タ・ロ・カー!」。ってそんなこと言うアメリカ人芸人居ましたね。


と、感情的になってしまったけれど、ロックだったからといってそれは、感情のありのままをぶっつけただけのステージでは全くなく、アレンジがそれはそれは緻密に練り込まれていたことにも驚かされた。ギター、ベース、ドラムスが、それぞれの見せ場をしっかりと作っていて。そして何より唯一無二の曲が良い。とんでもない地場を持つ音が出来てます。来年始の新譜リリースに向けて、レコーディングを行ってもいるようだし、これからどこまで行ってくれるのか、本当に楽しみなバンドだ。

http://www.naturalrecords.net/index.html


ラストの東京60WATTSも初めて観ることになったわけだけど。メジャーデビュー後結構キャリアが長いバンドのようで、ステージングは流石のもの。ロック魂ではNatural Recordとも間違いなく共鳴してたな。音としては、山下達郎が在籍していたシュガーベイブへのオマージュに思える曲(具体的に言うと"Downtown")があったり、バンドのテーマ曲を作っちゃう所も、モンキーズタイマーズというわけで、歌詞やパフォーマンスの面でもキヨシローを思わせる所があったり。ルーツを踏まえた所にまず感心してしまった。とはいえ、それらとは全く違うオリジナリティとセンスを兼ね備えている。さらにポップな音に紛れ込む、ニューオーリンズっぽいロールする鍵盤がかなりカギになっているなと思ったり。良いバンド。


ロック、で思い出したけれど、日本をそれなりに代表するロック・バンドは誰か、と考えてみたんだが、最近新譜を出したくるりを思い出した。エレクトロニクスは入っているけれど、立ち位置は紛れもなくロック。でもさ、レコード屋さんでしばらくその新譜を聴いていたけれど、どうなんだろう、と思ってしまった。曲はどれも割とフォーキーで、思いの丈を押し出さない現代的な「引き」がある。はっぴいえんどの「さよならアメリカ さよならニッポン」の現代版みたいな曲があったり、ユーミンと組んだり、TOTOの"Georgy Porgy"の印象的な間奏リフをパクって来てたり。そう言う渋谷系的方法論を今やるかな、っていう。世代的には解らなくもないのだが、いまロックにメッセージを乗せることって、はっぴいえんどの方法論を推し進めることではない気がするんだけれど。というか、それをやっちゃうとロックが死ぬんじゃないかと、感覚的にそう思った。もう死んでると言われればそれまでだけど。悪くはないんだけど、くるりほどのバンドならもっと過去の遺産から逃れられないのかな。ここでも伝統芸能化するロックを見てしまった。