いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

瀬戸龍介 

markrock2010-02-18

/ 五六七(みろく) ( Victor ZEN-1005 / 1979 )


ギタリストの吉川忠英が全米デビューを果たしたバンドEAST。米キャピトルからリリースされた唯一盤はかつて紹介したことがあったけれど(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20050504)、このバンドのリーダーだったのが瀬戸龍介だ。EASTの前身であるモダン・フォークバンド、ニュー・フロンティアーズの再結成を観たことがあるのだが、ヒゲモジャの瀬戸のバリトンの迫力がどうにも豪快で印象的で、いつかソロアルバムも手に入れたいと思っていた。


さて、これは彼の初のソロアルバム。全米デビュー後に自分の居場所を探した彼らしく、尺八、琴、鼓といった和楽器や日本の神話・伝承を前面に押し出すことでアイデンティティを確立せんとしていたことが伺える。もちろん、ヒッピーが70年代、ニューエイジ運動にのめりこんで行ったさまとも軌道を同じくしているが。ビクター傘下のその名も”ZEN”レーベルからのリリース。アメリカで大きな支持を集めた喜多郎も同レーベルから作品をリリースしていた。


幻想的なインストも含みつつ、そこは瀬戸。アコギによるフォークを核とした音作りが未だに新鮮に聴こえる。A-1”問答”のような日本語曲とA-3”葉月の雨”のような尺八と琴を交えた英語詩曲が違和感なく同居していて。


さて、とてつもなく気になるのはA-4”Dream Land”。白鳥英美子が美しいソプラノ・コーラスを聴かせるこの曲、セルフ・オリエンタリズムよろしく、チャイナ風のとろんとしたバラードなんだけど、ジョン・レノンの”Beautiful Boy”にソックリで。1979年、という時期的にもジョンの当該曲とほぼ同時期で、その相互の影響については定かではないけれど西洋人の表現する東洋と東洋人の表現する東洋が重なった事例として、面白い。


B面ではブルース進行に和楽器を合わせ、スサノオ神話を語るB-3“スサノオノミコト”が強烈な印象。コレがなんともはや擬古調で、結構凄い世界。


ミュージシャンでは森田玄(EX. ニューフロンティアーズ、EAST)、白鳥澄夫(EX.トワエモア)、琵琶の鶴田錦史らが参加。次作の『華厳絵巻』には同じ嗜好を持ったもの同士、というべきか細野晴臣が参加している。


そう言えばインストだけれど、同じようなアプローチで全米に打って出たアーティストに喜多嶋修がいた。女優喜多嶋舞の父で、加山雄三の弟分にあたるバックバンド、ランチャーズのメンバーだった人物だ。