いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 南佳孝 

markrock2010-09-11

/ 昨日のつづき ( 冬樹社  / 1984



南佳孝さん、先日テレビに出てましたね。定番”スローなブギにしてくれ”、に郷ひろみがカバーした”モンロー・ウォーク”、薬師丸ひろ子が取り上げた”スタンダード・ナンバー”と3連発。茅ヶ崎のライフスタイルも含めて、良かったなあ。


彼のデビュー盤『おいらぎゃんぐだぞ』は1973年、松本隆のプロデュース。はっぴいえんど、ってか風都市人脈のランディ・ニューマン・タイプのピアノSSWだったわけだ。『Hobo’s Concert』の音源でアルバム未収録曲が聴けたりもする。しかしこの時分には売れなかった。彼の旧い映画を思わせるノスタルジックで幾分か気取った世界は70年代後半に入ってやっとこさ理解されたと言えるだろう。シティ派のAORサウンドに載せたラテン歌謡っぽいメロも当時の歌謡界にとって新鮮だったし。


ところで、ここ10年かそこらでやっと彼のルーツである洋楽スタンダードのカバーなんかが聴けるようになってきた、と勝手に思っていたけれど、実はこんなものも出ていた。


『昨日のつづき』。1ヶ月ほど前に古本屋で見つけたモノだが、時代を感じさせるカセットブック。同シリーズで細野さんやムーンライダーズ井上鑑のものも出ているようだ。で、このカセットブック、南本人と松本隆、そして”スローなブギにしてくれ”の原作者、片岡義男(この人のペーパーバック遍歴は尊敬に値する!)の3種3様のショート・ストーリーと共に、”Teach Me Tonight”、”September Song”、”Crying in the Chapel”、”Our Day Will Come”、”Winter Wonderland”などの所謂スタンダード・ナンバーが収められている。さらに歌詞カードが1枚1枚オシャレな絵ハガキになっていて、なんだか複合的なメディアの可能性を探っていた当時の気の利いた試みにいたく感心させられた。こういう凝り方って素敵だと思う。本というパッケージで遊んでるよね。本に対するフェティシズムって絶対に存在するはず。そう思うと、本そのものに価値を感じさせるこのカセットブック、いまだに学ぶべきモノがある。そうそう、松本隆の短編”白い港”はナイアガラ・トライアングル VOL.2』収録曲の小説版。


さて、今年の夏、南さんのステージを観たけれど、貫禄があった。ジャズ、ボサノヴァ、ラテン、ロッカ・バラード…声がまるで楽器みたいに鳴ったり震えたり。凄いミュージシャンだなって改めて思った。ラストの”Route 66”の軽さも最高にヒップだったし!


「DJでもやってるの〜?」と聴かれたけれど、ハッキリ答えました。「やってません!」残念ながら…