いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 木根尚登 

markrock2010-08-21

/ 中央線 ( YOSHIMOTO R and C / 2010 )


これは痛快痛快!!TMネットワークの木根さんがこんなドが付く弾き語りフォークアルバムをレコーディングしていたとは。アンプラグドアルバムでしょ、なんて思わないで欲しいのだ。しょっぱなの3フィンガーからして、かぐや姫・拓郎直系のジャパ・フォーク仕様ナリ。しかも1曲1曲中央線をモチーフにしているというのも面白い。元々出身の東京多摩地区をベースに活動を始めていた人だし。TMネットワークも実は“多摩”ネットワークだというのも知る人には知られた話だ。


さて、今日の“きちじょうじのなつやすみ”に登場した木根さん、名刺代わりの”SEVEN DAYS WAR”をアコギ1本で歌いきったと思いきや、ハーモニカ・ホルダーを取り出し、プハプハ吹きまくって、暑苦しいフォークソングを歌うんだから、観客は唖然としてましたよ。しかししかし、個人的には最高!!早く言って下さいよ、という感じで。確かにかつてフォークの番組に出ていたり、フォーク色は小出しにしていたけれど、とうとう50を超えて吹っ切れたんですな。坂崎師匠にも絶賛されたらしいし。


今日のトークを聴いていたら、中央線沿線は相当彼に近しい場所のようで。彼は立川三中出身なんだそう。いま勤め先が立川なので、なんだか親近感が湧いてくる。小室哲哉氏は府中なんだそうで、同じ中学の1個下が今回のイベントにもミューシャンとして参加した浦沢直樹。あの20世紀少年の冒頭で、Tレックスの”20th Century Boy”が流れるわけなんだけど、それを放送部で掛けていたのが小室哲哉だった、なんて話もあってビックリした。


高尾駅のビル”、”八王子メモリー”、”国立マギーメイ”、”阿佐ヶ谷小春日和”、”新宿物語”、”お茶ノ水慕情”とまあこんな調子でアルバム『中央線』は続きまして。アートワークもあくまでオレンジ。もう中央線はオレンジ1色じゃなくなってしまったけれど。”吉祥寺へ帰る”はアノ高田渡に捧ぐ曲、”三鷹ブルース”にはB’z松本孝弘が参加している。


さて、木根さんだけれど、TM時代から異色の存在感を放っていた。”Winter Comes Around”や”Telephone Line”といったバラードに個性を感じた。文学的世界はソロになってからさらに広がった感触があるけれど。


ソロとして1996年にリリースされた”remember me ?”(写真左下)は小室哲哉プロデュースで華原&小室のコーラスが入った佳曲。これも、青春ってなキーワードに紡ぎ上げた歌詞の世界で、フォークな世界だとつくづく思う。


ところで、TMネットワーク結成以前の彼は宇都宮隆らとバンド、スピードウェイを結成しており、TOTOライクな爽やかなポップロックサウンドを体現した2枚のアルバムをリリースしている(写真右下)。作曲は殆どが木根によるもの。 2枚目のアルバム『BASE AREA』には小室哲哉(TECHI KOMURO)がバンドに参加。5曲の作曲も手がけていて、中でも”SMILE AGAIN (ANYTIME YOU’RE MY LOVE)”のサビは後にglobeのシングル曲”SaYoNaRa”に登場する。1980年にこの感性を持っていたのは流石に凄いと言わざるを得ない。


いずれにしても、木根さんの『中央線』は笑っちゃうくらい買いです。木根さんのファンの多くの嗜好と重ならなそうなのが残念なんだけれど。手書きの歌詞カードに吉田拓郎『元気です』の影響を見て取れる位ならバッチリ!拓郎の"高円寺"なんかもアイデアの源泉にありそう。”中野グラフィティ”とか”新宿物語”なんか、最高なんだって!