いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 新井英一 

markrock2010-07-21

/ 馬耳東風( Warner / 1979 )


大好きな歌い手だ、新井英一。“清河(チョンハー)への道”で90年代に話題をかっさらったコリアン・ジャパニーズ・シンガー。今日レコード屋で、彼の一枚目のアルバムを見つけたので、買ってみた。


彼が29歳の時、1979年の作品だ。帯には「時の流れを超えて、心を揺さぶる歌がある。今、ビッグ・スケールのシンガー&ソングライター登場。」とある。ビックリするくらい、90年代の諸作と肌触りが変わっていない。時代が気づかなかっただけのことで、しゃがれたディープな歌声は既にこの時完成されていたのだ。エクゼクティブ・プロデューサーは新井にデビューのきっかけを作った内田裕也だ。


映画『けものみち』のテーマに採用された無伴奏の”カラス” や弾き語りの”はなたれこぞう”に強烈なインパクトがあった。歌謡タッチの”物語””狼の挽歌”も沁みる。”ボロボロ””セクシー”は新井の音楽の一つの重要な要素であるブルーズを感じる。ニューミュージック風の味付けの”早春賦”は歌詞の重さと合わない部分があった。


シングルには”北北西の風”、”南人情博多節”(全集Vol.1にも収録)が切られたようだ。長渕剛をはじめとした九州フォークの文脈からも聴けるけれど、背負うモノは違うなと。