いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 大瀧詠一 

markrock2010-04-19

/ Cover Book 1 大瀧詠一カバー集Vol.1 ( Sony / 2010 )


流石に呆れ果てているはずのナイアガラーなのだけれど、3月21日に3枚を買った人はどれだけいたのだろう。今回取り上げたカバー集と、SONGBOOK Iの拡大盤と、ファーストのトリビュート盤の3枚。95年の再発シリーズに比べて、近年のリマスターものや今回のラインナップは確実に売り上げや影響力が落ちているなと肌で感じる。


もう正直才能が枯渇してしまったことをご本人もよく自覚してらっしゃるのだろう。シングル単発での復活曲”幸せな結末”&”恋するふたり”も往事のきらめきが失われていたし(声が低くなってきたこともあるのだろう)。クオリティが下がるくらいなら出さない、というのは潔いやり方なのだけれど、だからと言って芸のないリマスターを買う気は起こりませんよ。ここまで保守でいかれると醒めます。全然ロックじゃないよね。アーティストがそのつもりでも、リスナーは保守したらダメなんだよ、と改めて自らを戒める。


さて、ぶつくさ言いながらも『Cover Book 1』は購入。女性シンガーによるロンバケのカバー集『A LONG VACATION from Ladies』(2009) は世紀の駄作だったし、若い世代のトリビュートと言われても一切食指が動かなかった春夏秋冬一連のカバー集に比べると、大滝自身の監修だったり、井上鑑の編曲モノが多く含まれていることも純正度を高めている。


何といってもLPで持っていた音源がこうして手軽に聴けるのも個人的には嬉しいし、聴いたことがなかったものも多数。スターズ・オンもののメドレー、M-1”ナイアガラ・CM BOX”(ライジングチャートバンド)なんて笑っちゃう出来の良さ。スターズ・オンものが好きな人は来ます。百瀬まなみのM-3”カナリア諸島”(「にて」が無い)もレア音源だし、CMで歌った太田裕美のM-2”風立ちぬ”ってのも、大滝と関係が深い太田裕美だけに楽しめた。


完成度ではサーカスのM-5”夢で逢えたら”は素晴らしい。あと、息子世代のトリビュートでは曽我部恵一が編曲を手がけたキタキマユのM-6”あなただけI LOVE YOU”は愛情たっぷりで見事。ピチカートのM-7”指切り”も改めて良いなぁ。


まあファンなら、個別に持っている音源だったりするわけだけれど、こうして聴いていると、トータルとしての完成度を実感させられ圧倒される。様々なアーティストが取り上げているけれど、大滝の個性がつぶされないどころか、彼自身が歌っている音が同時に響いてきてしまう。メロディアスに聴こえて、全く実はアクが強い音楽なのだと思う。


それと共に、パクリだろうが何だろうが、勢いでぶっ放していた頃の大滝はやっぱり凄いなと。この歳でコレやっちゃうか、という恐れを知らぬアプローチがもう一度見たいよ。石橋を叩いて渡っているようで、無意識的な動物的カンで音楽を作ってきたはずだよ、この人。近年は色々御託を並べて、帳尻合わせに終始しているけれど。