いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Fire & Rain

markrock2010-04-18

/ Same ( Mercury 0598 / 1972 )


気まぐれな更新で恐縮ですが…。聴きたい音楽が多すぎて、どんどんレコが増えていくけれど、ブログに取り上げるエネルギーがなかったもので。


さて、金沢のレコ屋で買ったもの。カット盤ながらコンディション良好で1000円だったから迷わず。まずこの安直なグループ名が良いよね。キャロル・キングと来日しちゃってるあの人の便乗商品風な。でもこの夫婦デュオ、単発作ではなくその後ちゃんともう一枚出しているのには驚いた。裏ジャケがそれっぽいな、と思ったらノーマン・シーフの撮影。



さて、Ben Benayがアレンジを手がけている本作、ヒッピー風情の夫婦とは思えないくらい、かなりキリリとしたシャープな演奏を聴かせてくれる。白眉はA-1”Somebody To Love”かな。Jefferson Airplane加入以前のGrace SlickがThe Great Society時代に発表していた曲。コンガでグルーヴィーなビートを刻んで来る辺り、フリー・ソウルな雰囲気も。夫Manny FreiserのオリジナルもA-2”Carry Me Down”をはじめ、なかなかアクースティックな佳作揃い。


Evie Sandsが歌ったTrade Martin作の”Take Me For A Little While”ってな選曲も、レイト・シックスティーズの感触をアーシーに仕立てた本盤の雰囲気を表していて。Barbara Lewisのカバー、B-2”Hello Stranger”は小ヒットを記録した模様。夫婦の共作、カントリー・ロッキンなB-3”Alright Tonight”も気に入った。妻Patti McCarronとはその後別れている。


さて、Manny Freiserだけれど、後に裏方になったようだけれど、The Grodes(Tongues of Truth)時代のカルト・ガレージ・クラシック” Let's Talk About Girls”の再評価もあってか、近年も新作を発表している。下にCDBabyのリンクを載せておいたけど、かなり良さげ。そうそう、調べていたら、彼の作った”Dance For Me”って曲、伊藤アキラの詞でジャニーズ・ジュニアが歌ってるみたい。なんだか結びつかないけれど。


http://www.cdbaby.com/cd/mannyfreiser
http://www.mannyfreiser.com/bio.html/