いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

日本のフォーク・ロック

佐藤竹善 

/ CORNERSTONES 4( Universal / 2007 ) シング・ライク・トーキング。このバンドは高校生だった10年前によく聴いていた。平たく言えば洋楽大好き、って感じの職人的なバンドだったから、言い方は悪いけど地味な部分もあってそんなに大ヒットした、って印…

トランザム 

/ Same ( 東芝EMI / 1974 ) 明けましておめでとうございます。本年も当ブログを何卒宜しくお願いいたします。今年も音楽馬鹿な一年にしていきたいと思っています。 ということで今日はトランザムを聴いている。なぜかと言えば、トラ年だからとかではなくて、…

友川かずき 

/ 無残の美(PSF / 1985 ) さて、友川ライブに行って参りました。高円寺ShowBoat。トニカク感銘を受ける。59歳とは思えぬ迫力に付いていくだけで精一杯だった。短い曲を沢山思いつくままに歌うというスタイル。まずはトークに惹き付けられた。「これは盗…

 友川カズキ 

/ イナカ者のカラ元気 ( MODERN MUSIC / 2009 ) 最近惹かれて仕方ないのが友川かずき。以前から気になっていた人なのだけれど、高田渡が亡くなった今、この人こそ神様なのではないかとさえ思えている。26日に今年の行き納めのワンマンに行く予定でいて。な…

友部正人 

/ 少年とライオン ( MIDI / 1997 ) 雨降りはなんだか一日中暗くって困る。こんな日はレコードを聴くに限ると言うわけで、友部さんを聴いていた。友部さんは何度かライブでも観ているけれど、唄を聴いているだけで詩がむくむくと立ち上がってくるという稀有…

The Hobo King Band featuring 佐野元春 

/ ヤング・フォーエバー (Epic / 1997 ) 一昨日、九段会館で開かれた、「エレック唄の市2009」に足を運んで来た。当日まで行くか行くまいか迷っていたのだけれど、居ても立ってもいられず。 エレックレコード。URCと並ぶ、70年代のインディーズレーベルの走…

 ロック・パイロット 

/ Same ( Warner / 1971 ) 長年欲しいなと思っていた盤。先日未開封サンプルを発見!嬉しかったなぁ。 PYGと並び称されるGS組によるスーパーグループ、ってのが先入観。でも、よく考えてみると、メンバーはB級どころかC級GSの出身。ピーターズの中尾喜…

 長谷川きよし 

/ 40年。まだこれがベストではない。長谷川きよしライヴ・レコーディング。( Columbia / 2008 ) そういえば去年こんなCDを買っていたっけ、と棚で探し物をしていて見つける。小西康陽がプロデュースした長谷川きよしの新作。プロデュースと謳ってはいる…

 稲垣潤一 

/ 男と女 2 (Universal / 2009 ) 今日たまたまテレビを見たので。森高なんて長い間お見かけしなかった。てなわけでこの盤をピックアップ。 稲垣潤一ほどの力量のあるシンガーだから、ここ長年パッとしなかったのはファンとして実に悲しい限りだったわけだ…

 ザ・ジャネット 

/ グリーン・スピードウェイ ( 東芝EMI / 1974 ) 以前このブログでジャネットのシングルを紹介したことがあるけれど、それ以来、「ザ・ジャネット」で検索してくる方が結構居られるので、アルバムを手に入れたら紹介しようと思っていた所。レコ探しに苦労…

 加藤和彦 

/ スーパー・ガス(東芝EMI / 1971) ショックで言葉も無い。加藤和彦が亡くなったとの事。軽井沢のホテルで自殺との報もあって。何があったんだろう。伴侶の死からもしばらく経ち、精力的な活動が目に付いてきていた時だっただけに… 個人的にはフォーク…

 日暮し 

/ Same ( Blow Up / 1973 ) 最近日暮しのゴールデン★ベストが出たみたいだけれど。まともなベスト盤がCD化されてこなかった人達だけに嬉しい。でも、唯一のヒット曲“いにしえ”をはじめとした後期の楽曲中心。初期の名作『日暮し』『日暮し2』からの楽曲は…

PLEASE

/ リーゼント夜明け前 ( meldac / 1990 ) 昨日の矢沢で思い出したのが、PLEASE。キャロルのコピーバンドってのは凡百いるけれど、オリジナルメンバーが作ったコピーバンドってな体裁なのがこのPLEASE。メンバーはジョニー大倉.、高橋ジョージ、内海利勝、田…

 矢沢永吉 

/ ROCK‘N”ROLL ( GARURU RECORDS / 2009 ) 個人的には矢沢が来た!と思ったことが過去に一度あって。1998年かな。”チャイナタウン”、”黒く塗りつぶせ”(後者は”プカプカ”で有名な西岡恭蔵の詩)とか、70年代のリメイクを演ったアルバム『SUBWAY EXPRESS』…

 夫歌寛 (プー・カングァン) 

/ give us peace ( T-FORCE TFT-00-003 / 200?) 荻窪にあるライブバー「Bunga」。そのお店のオーナーをしておられるのが、シンガー・ソングライターのプー・カングァンさん。ひょんなことから知り合い、先日初めてライブを観に行った。 メッセージ性の高い、…

マイク真木 

/ アンソロジー1966-1999 ( TEICHIKU TECH25097 / 2006 ) マイク真木の結成したGS、マイクスってどんな音だっけ?と急に思い入手した盤。マイクスには後にミッキー・カーティスのサムライズ、ロッド・スチュワートのフェイシズに加入する山内テツが在籍し…

 Various Artists

/ 唖蝉坊は生きている ( King Records KICS 8155 / 1973 ) 昨年復刻されたキング・アーカイブ・シリーズは密かに興奮した。『唄と音でつづる 明治』も好編集盤だったし。西洋文化と日本文化が劇的な出会いを果たした明治の流行歌ってのも実に興味深いもので。…

 大西ユカリ 

/ HOU ON (P-Vine PCD-18570 / 2009 )ええ、昨日大西ユカリのライブに行って参りまして。結構アルバムやら聴いていたけれど、ライブは初めてで。吉祥寺のスターパインズ・カフェ。アルバム『HOU ON(報恩)』の発売に併せた報恩ツアーということで。クレイジ…

 佐藤公彦(ケメ) 

/ ひとりからふたりへ (Kaze 004 / 2009 ) いやあ、マサカのケメの嬉しい新譜。32年振りですよ!もう出ないんじゃないかと正直思っていた。音楽活動についてのニュースも余り聴こえて来なかったし。ただただ嬉しい。 元ピピ&コット、ソロになってからはエ…

Vitamin Q featuring ANZA

/ Vitamin Q ( Columbia COCP-35209 / 2008 ) 昨年12月に出た加藤和彦の新バンド。ちょっと話題になって消えたのも判る、イマイチ盤。ただし曲によってはアタリもある。メンバーは凄い。ベースは小原礼、ギターは土屋昌巳(EX.一風堂)、ドラムスは屋敷豪太(E…

吉田拓郎 

/ 午前中に… ( avex AVCD-23840 / 2009 ) 拓郎の新作。テイチクからの諸作はなにやらリメイクばかりの懐メロ・プロダクションばかりで個人的には気に入らなかったのだけれど。さて、新作はavexからということで身構えてはみたものの、フォーライフ時代末期…

松田亜世 

/ おかえり ( F-records MFCD-9001 / 2009 ) 4月に発売されて以来、レビューが遅れてしまったけれど、日本のフォークソングを受け継ぐ正統派フォークシンガー、松田亜世の新作フルアルバムを。私の旧い友人でありフォークを語り合える数少ない良き仲間でも…

小林旭 

/ キープ・オン・ライジング チェンジ・ザ・ストリーム ( Mighty Guy / 2007 ) スカパラとの共演なんてのもかつてはあったけれど、リズム歌謡もので90年代以降レスペクトも盛んな小林旭。2007年のオリジナル・アルバムは全編THE BOOMの小林孝至がア…

瀬戸口修 

/ Bolero ( ブルースターミュージック・ジャパン BSCPF-0904 / 2009 ) さて、お知らせなのですが、瀬戸口修さんのマキシシングル『Bolero』に私いしうらまさゆきがコーラスで参加させていただきました。6月5日全国発売となっております。アマゾンでも購入可…

成田賢 

/ 汚れた街にいても ( CS FJSP-65 / 1972 ) ジャケは見えにくいけれど、銀色にマッシュルームTシャツを着た成田本人のイラストがうっすらと入っているというもの。前回取り上げたファースト(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090509)に次ぐ2作目だ。今回…

 成田賢 

/ 眠りからさめて ( CS FJSP-64 / 1971 ) まだキヨシロー・ショックから立ち直れないまま。しばらくお休みしていたブログもそろそろ復活させようかなと思う今日この頃。 4月19日に観たBS『永遠の音楽 グループサウンズ大全集』。出演の岡本信(EX.ジャガ…

 林亭 

/ 風は歌う ( Forestaurant SJOM-0001 / 2009 ) S&G来日。今回ばかりはチケ獲りました。アート・ガーファンクルは2度ほど観たけれど、ポールは初。中学の頃から聴いていて、ブート漁りなども一通りやって。最近は改めて聴くことも少なくなったけれど、…

加奈崎芳太郎 

/ Piano–Forte(ピアノ・フォルテ) ( Pony Canyon PCCA-02861 / 2009 ) 出た!加奈崎芳太郎7年ぶりのソロアルバム。古井戸の結成から来年で40周年を迎える彼。2004年には加奈崎UNIT名義で『青空』をリリースしてはいたけれど、ソロとしては自主レーベルK-An…

山木康世 

/ 嶺上開花(リンシャンカイホー) ( Silverland SL-001/002 / 2008 ) ここへ来てリリースラッシュの様相を呈している山木康世。元ふきのとう、という肩書きからは逃れられないが、コンビ解消後も、独自の世界観を持ったフォークを生み出している。ふきの…

 和幸 

/ ひっぴいえんど ( Columbia / 2009 ) しょっぱなからやってくれてるなあ、と言う。CSN&Y『Deja vu』のパロジャケで。でも江戸時代末期〜明治初期の写真にも見えてくるところがジャパニーズ・メイド。フォークル再結成以来の蜜月が続く加藤和彦・坂崎幸之…