いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

日本のフォーク・ロック

 尾崎紀世彦

/ KIEYO ’72 KIYOHIKO OZAKI ALBUM NO.5 ( PHILIPS / 1972 ) また逢う日まで、尾崎紀世彦が亡くなったとのニュース、かなりショックだった。もみあげと圧倒的な声量、紅白歌合戦のアーカイブ映像を中学生の時にビデオに録画して、何度も見ていた。曲はモチロ…

 鈴木茂

/ BEING 70’s ( 東芝EMI / 1986 ) 今までなぜか持っていなかった鈴木茂の盤。これで全部聴いたことになる。なかなか手に取らなかったというのも12インチシングルのみの発売で、CD化もなされていないこと。 鈴木茂のパフォーマーとしては暗黒期という印象もあ…

 美輪明宏 

/ 白呪( 1975 ) 兵庫県の殿ってのはお馬鹿なのですね。再三のNHK清盛大河批判。東京も相当のお馬鹿だけれども。だいいち『太陽の季節』なんていう、障子に逸物を突き立てるシーンを売り物にした下卑た小説で世に出た三流作家が、人の小説を批判してはな…

 龍

/ 最後のジルバ/夕焼け事件(ELEC TBE-102 / 1976 )最近読んだ、平野肇『僕の音楽物語(1972-2011)』は面白かった!いちセッション・ミュージシャンの日記がそのままジャパニーズ・ポップスの歴史になっている。個人的には、リアルタイムでは夢中にな…

 センチメンタル・シティ・ロマンス 

/ やっとかめ ( Warner / 2011 ) 本当に久々のオリジナル・アルバムがワーナーからのメジャー・リリース!うれしいじゃないですか!最近では竹内まりやのライブをサポートしたり、旧交が嬉しく実っているセンチメンタル・シティ・ロマンス。バンドを続ける…

 加奈崎芳太郎 

/ 12th Fret ( Warner / 1983 )初心を忘れるな、という。惜しくも亡くなったスティーヴ・ジョブスが禅に傾倒していたってのもアメリカ人らしいと思ったけれど、彼もそんな禅の教えをを語っていた。私にとってみれば、加奈崎芳太郎その人があくまでも初心。加…

 いしうらまさゆき

/ 蒼い蜜柑 ( KAZE-015 /2011 )※ディスクユニオンでは現在在庫切れとなっております。ハイファイ・レコード・ストア、サンレイン・レコーズ等の通販、amazon.comやiTunesによるデジタル・ダウンロードについての詳細は下記のリンクをご参照下さい。↓ いし…

 Natural Records

/ Going Up( Happiness Records / 2011 ) 行って参りました、9月6日(火)の渋谷CLUB QUATTROで行われたナチュラルレコードのツアー・ファイナル!!まだ興奮が身体の中に残っている。こんなライブも珍しい。4人のメンバーの放出するエネルギーがそれだけ…

 山下達郎 

/ Ray Of Hope(レイ・オブ・ホープ)( MOON / 2011 )当たり前のように注文してしまった新譜。初回版はJOY1.5という、名作ライブ盤の続編の番外編?というような7曲入りライブ・ディスクも付いていた。コレが滅法良い。昔ちっこいシングルCDを買って集め…

 Various Artists

/ フォーク パルチザン 瓶の中の球体( Off note ON-45 / 2003 )CDショップのWAVEが自己破産申請というニュース。音楽にまつわるニュースが悲しいニュースになるのは慣れている。近年も力強い歌声を聴かせてくれていたジョー山中はショックだったけれ…

 生田敬太郎

/ およげ!たいやきくん( ミミノコプロ / 2011 ) コレ、タワレコのニュースでも報じられてました。オリジナル”たいやきくん”のリリース。ファンには知られた所だったけれど、450万枚とも言われるあの昭和の怪物ヒット曲、”およげ!たいやきくん”のTV放映…

Haruomi Hosono(細野晴臣)

/ HoSoNoVa ( Victor / 2011 ) もちろん発売日に入手しましたよ。ただ、諸メディアで余りに多くを語られすぎているだろうから、しばらく寝かせていた。ホソノ場ってな意味を持つこの作、単純解釈をしたリスナーによっては、そのタイトルからボサノヴァかと思…

 Various Artists

/ 音壁JAPAN( SONY / 2008 ) こんなマニアックなコンピレーションを果たして誰が買うのか、と思ったけれど、聴いてみてビックリ。面白いコンピに仕上がっている。 その中身は50〜60年代のアナログ・レコーディングの時代に、エコーを駆使して信じられない…

 大滝詠一

/ Debut SPECIAL ( CBS Sony / 1986 ) 東北関東大震災、罹災地の方々の不安はいかばかりかと思う。ずっとニュースを付けっぱなしにしているけれど、まだ原発関係が気になるところ。行方不明者も数え切れないほどだし、救援物資や医療支援も果たして行き届い…

なぎらけんいち・生田敬太郎・古井戸 

/ 唄の市 組曲「男・男・男」( Victor SF-1019 / 1972 ) 慌ただしくてなかなか更新できなくて。久々ですね。 今日は最近手に入れた盤を。ずっと欲しかったモノだ。唄の市というとエレック黄金期を支えた定例イベントで、エレックの一連の復刻シリーズではラ…

 山下敬二郎 

/ 忘れじの人( 自主 / 2002 ) 山下敬二郎さんが亡くなられたという報を聞いて驚いた。ミッキー・カーチス、平尾昌晃と並んで、ロカビリー三人男として知られていた。父は本名山下敬太郎の柳家金語楼。戦前戦後に大活躍した落語家出身タレントのはしりだ。 …

 諸口あきら 

/ ファースト・アルバム( 東芝EMI / 1975 ) 今年も日本・アメリカのシンガーソングライター、ロックを中心に落ち穂拾いのようにブログをやっていこうと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。今年の目標はロックですね。こんな安全パイな自主規制社会…

 加山雄三 

/ 若大将50年! ( ドリーミュージック / 2010 ) 昨日は毎年恒例の友人とのセッションを演ったりして。そのバンドも大学時代からだから、初めの自主盤を作ってからもう11年になる。今年は是非、今しかできない音楽を作ろう、なんて話にもなったので楽しみ…

TOO MUCH

/ Same ( Black Rose Records / 1971 ) コレがCD化されていたとは知らなかった。ニューロック時代の隠れ名盤。なんだかんだメンバーの後の活動で目立ったモノがないからか、余り大きく取り上げられることもないけれど、フラワー・トラベリン・バンドなんか…

 浜圭介 

/ 誘蛾灯 ( EMI / 2008 ) 演歌ってのも、よっぽどそのコーナーでも覗かない限り、情報を仕入れにくいところがある。しかも、個人的に興味があるのが演歌ソングライターの自演盤なんてものなので特に。 こちらのシングルも今年気付いて入手した一枚。ちあき…

 友川カズキ 

/ 青いアイスピック( PSF / 2010 ) 昨年くらいからどうもこの人が気になって仕方がない。気付いたら持っていなかったアルバムを10枚くらい買っていた。昨年末に高円寺で観た弾き語りライブの衝撃があったからかな。てなわけで、昨日水曜日には、友川主演の…

 山木康世 

/ 旭日東天 ( PonyCanyon / 2009 ) 先週の水曜日あたりだったかな。元ふきのとうの山木康世のライブに行ってきた。高円寺の老舗ライブハウス、Showboat。1974年に”白い冬”でデビューした北海道出身のフォーク・デュオ「ふきのとう」。4人組だった時代のア…

 フォークマン・ブラザーズ(なぎら健壱・坂田修)

/ same ( Sony / 1983 ) 土曜日に吉祥寺MANDARA-2にてなぎら健壱さんのライブに行ってきた。当日ライブがあることに気がついて、これは行かねばと思い立ったもので。毎月定例のマンダラ・ライブなわけだけど、これだけファンなのについぞ足を運んだことが…

 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 

/ これぞブルー・コメッツ ヤング・ビート( CBS / 1967 ) ブルコメ若き日の良盤。ジャケも最高!GSの魅力の一つは若さゆえ〜の勢いだと思っている。この盤は全て洋楽のコピーでありながら、当時のロック喫茶の雰囲気が伝わってくる。ゴールデン・カップ…

 竹田和夫 

/ The New Best Of Kazuo Takeda The Best From 1990-2009 Recordings ( Skyhawk Production / 2010 ) 竹田”Flash”和夫ライブ、初めて観て参りました!原宿クロコダイルにて。LA在住の竹田さんのジャパン・ツアー2010のファイナルと言うことで。所用で…

 佐藤隆 

/ I’ve Been Walking ( BLOW UP / 1980 ) BLOW UPっていうレーベルはなんだか最近気になる。日本コロムビアのレーベルかな。CD化も進んでいない(あるいは一度CDになったけど廃盤、とか)部分もあるみたいで。佐藤隆のファーストもBLOW UPだとは気がつ…

 萩原健一 

/ BEST SELECTION ( Bourbon Records / 1990 ) 『レコード・コレクターズ』誌。最近惰性ではあるが2月に1冊くらいは買っている。まあこんな雑誌がいまだに売ってるのは奇跡かもしれないな。DJですら盗難および軽装化のためレコードを持ち歩かない、なんて…

 四人囃子 

/ ゴールデン・ピクニックス ( CBS / 1979 ) 昨日、早川さんのライブ・レポートをアップしたのだけれど、早川義夫さんのホームページの日記にリンクしていただけた。 http://www15.ocn.ne.jp/~h440/diary79.html なんだか憧れの早川さんに自分の気持ちが伝え…

 高田渡 

/ さびしいと いま ( Concipio Records / 1997 ) 今でも吉祥寺を歩いていると、高田渡を思い出すことがある。建て直された「いせや」本店。正直往時の風情は全くないけれど、飲んだくれて自転車に座り込む渡さんがいないかと目を追ってしまう自分が居る。…

 岡本正 

/ 帰って来ないんですか ( Victor / 1976 ) ビクターのSFレーベルからリリースされたフォークの隠れ佳盤。どちらかと言えば四畳半な方のフォークなのだけれど、70年代前半日本の若者のライフスタイルの匂いってなものを今に残すのは、後世の評価とは別に…