いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

SSW

Jacob Dylan

/ Women + Country ( Columbia / 2010 ) 発売と共に買っておきながら紹介が遅れていた盤。ウォールフラワーズ時代の”One Healight”をブルース・スプリングスティーンと共演している映像を時々見たくなる。YouTubeで簡単に見られるはず。1997年だったかな、B…

Steve Noonan

/ Same ( Elektra / 1968 ) 今日はしっとりとスティーヴ・ヌーナンを聴いている。1968年という時代からも判るとおり、シンガー・ソングライターとフォークのあいのこのような音をしている。緊迫感のある時代でありながら、その世界はあくまでもYou & Iという…

Jimmy Webb

/ Just Across The River ( E1 MUSIC / 2010 ) アマゾンで輸入盤が届いて以来、毎日聴いている。ジミー・ウェッブの新作だ。旧作を大勢のゲスト・アーティストと共に歌い継ぐというアイディアは、フレッド・モーリンのプロデュースということで言えば、ウェ…

 Harper Simon

/ Same ( Tulsi Records / 2009 ) Paul Simonの息子の37歳という遅咲きデビュー作。Paulの作品にも参加していたので名前だけはお馴染みだったかもしれない。 Johnの2世Sean LennonやLowellの2世Inara Georgeも参加した本作は、プレッシャーと戦わざるを得な…

Hamilton Camp

/ Welcome to Hamilton Camp ( Warner WS1753 / 1969 ) Hamilton CampがBob Gibsonと共に組んだデュオGibson & Campを、若き日のSimon & Garfunkelがモデルにしていた、というのは有名な話。そんなわけでS&Gのファーストアルバムの冒頭には、ゲイト・オブ・…

Richie Havens

/ Nobody Left to Crown ( Verve Forecast / 2008 ) 仙人のような髭、大柄でギルドのギターを抱えて、ざくざくと切り刻むようなカッティングを繰り出す、太い指にはターコイズのリングが… Richie Havensである。ディランと同じニューヨークのコーヒー・ハウ…

Marc & Sumley

/ Nice Things ( Evolution 2014 / 1970 ) ううむ、これは素晴らしい音。くっきりしたベースの音に分厚いストリングスが被さる。ポップなフォークデュオというとSimon & Garfunkelを思い出すが、張り詰めた彼らよりもマイルドでソフトロック寄りかもしれない…

 Jim Carroll

/ Same ( A&M / 1972 ) 彼ほど勘違いされた人もいないだろうなあと。Jim Carroll といって思い出すのはNYのビート詩人、パンク・ロッカーとして有名な彼だ。2009年に亡くなってしまったけれど。 さて、このJim Carrollは余りに情報が少なすぎる。この1枚を…

 Jerry Williams

/ Same ( Spindizzy/Big Pink / 1972 ) 韓国Big Pinkからこんなものまで出た。Jerry Williamsのソロ名義としては初めてのアルバムだ。韓国と日本、アメリカの文化的植民地だったアジアの二つの小国では、本国でも忘れ去られている音盤を蘇らせようとする欲望…

 Arthur, Hurley & Gottlieb

/ Same ( Columbia KC-32273 / 1973 ) むちゃくちゃハッピーな16ビートのフォーキーA-1”Sunshine Ship”で幕を開ける一枚。聴いているだけで幸せな気分になれる。このLPは確かe-bayを通じてアメリカのレコード屋から買ったはず。プロモーション盤のステッカー…

 Jimmy Webb

/ Suspending Disbelief ( Elektra / 1993 ) 昨日、渋谷のカボットというワインバーにライブを見に行った。以前このブログでも取り上げたDaniel Kwonと渚十吾のジョイントということで。 Daniel Kwonはヤマハの古いピックガードの外れたアコギFG-110を抱えて…

 Carole King & James Taylor

/ Live At The Troubadour ( HEAR MUSIC / 2010 ) 今更ながら、やっぱり見に行けば良かったな。なんて。でもダメだったんだな。平日のライブだったからと言う訳でもCaroleを昨年見たから、って言うこととも一寸違って。JT見ちゃったら何か目標を失うという…

Daniel Kwon

/ no title (自主デモ 2010) 韓国系アメリカ人SSWのデモCD。音楽ライターをやっている友人、清水祐也くんから頂いた。Karen DaltonのCD解説も書いている彼はとっても感性の鋭い人だから、聴く前からその音を信用してしまう。 さてさて、これがまたとりわ…

Courtland Pickett

/ Fancy Dancer ( Elektra 75060 / 1973 ) やっとゴールデン・ウィークに入りました。やっと腰を落ち着けてレコードが聴けるなと。さて、朝からDelaney & Bonnie & Friends『On Tour With Eric Clapton』なんていう熱い代物を大音響で聴いていたもので、次に…

Neil Sedaka

/ The Music Of My Life ( Razor & Tie / 2010 ) コレは驚いた!昨年の新作『Waking Up Is Hard To Do』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20091121)が余りにも良かったものだから、マサカと思いながら新作を予約しておいて、一週間前くらいに届いたのを放置…

Dave Loggins

/ Personal Belongings ( Vanguard / 1972 ) この盤は思い出深い。アメリカのSSWやフォークの世界にどっぷり浸かるきっかけになったような気もする。出会いは当時高円寺にあったフォークの中古LP専門店(今は通販オンリーかな)。店主は、CD化されている…

BIM

/ Kid Full Of Dreams ( Casino Records / 1975 ) BIMことロイ・フォーブスはカナダのミュージシャン。この盤は、今オリンピックで全世界の注目が集まっているバンクーバーでレコーディングされたもの。SSWファンなら、エミット・ローズがプロデュースを手が…

David Saw 

/ Broken Down Figure ( IRIS 1003 / 2008 ) デヴィッド・ソウ。このイギリスのシンガーソングライターに注目したのはカーリー・サイモンの2007年作『Into White』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070119)。そこには、今春キャロル・キングと来日する元夫…

 Barry Mann

/ Soul & Inspiration ( Atlantic / 2000 ) 一昨日の2月9日は二人の偉大なソングライターの誕生日だった。今年使っているレコ・コレ誌の手帳には、毎日ミュージシャンの誕生日が載っていて面白い。で、その二人とはキャロル・キング(1942年)とバリー・マン…

Beth Neilsen Chapman

/ Look ( Compass Records / 2005 ) 今日は「22.2.2」って誰も騒いでいる人がいませんでしたが、それくらい、年号って廃れたのかもなと思う。さて、2日間風邪でぶっ倒れていて。まあなんとも更新する意欲もなくなっておりましたがやっとこさ。 昨日ニュース…

 Troy Seals

/ Now Presenting ( Atlantic SD 7281 / 1973 ) トロイ・シールズの1枚目のソロ。アトランティックからのリリース。本作の後コロンビアから1976年に『Troy Seals』も出している。で、このファーストは今年e-bayでシールド盤を入手できた。ダン・ペンやドニ…

Bobby Russell

/ Little Green Apples ( SPV / 2008 ) O.C.スミスの“Little Green Apples”で知られるソングライター、ボビー・ラッセル。ボビー・ゴールズボロに提供した”Honey”やゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズの”Sure Gonna Miss Her”なんていう60年代のヒットソ…

Nilsson

/ …That’s The Way It Is ( RCA / 1976 ) ニュースを見ていると事業仕分けなんてやってまして。しかし幾らなんでも乱暴ですな。子ども手当と高速無料化が一番金を食う、って誰しも判ってるんだけど、公約だと言われりゃ何も言えないですわな。 そんなことは…

Henson

/ Same ( United Artists / 1974 ) コレは当たりだった。ソフトなソウル風味のむちゃポップ盤。リック・ホールのマッスル・ショールズはフェイム・スタジオ産というけれど、ブルージーさは皆無。ストリングス・アレンジはジミー・ハスケルが担当していて。ヘ…

Timothy B.Schmit

/ Expando ( Lost Highway / 2009 ) ポコ〜イーグルスのティモシー・B・シュミットの新作。まあなんと申しますか、J・D・サウザー同様何をやろうと好きな人でありまして。ジャケからして、今までの定番だった“ウッドストック”な容姿を抜きにしていて、気難し…

Elliott Murphy

/ Lost Generation ( RCA APL1-0916 / 1975 ) エリオット・マーフィーというと、ブルース・スプリングスティーンのようなディランズ・チルドレンのロック詩人というイメージ。こちらは西海岸録音のセカンド。 ディランを思わせる疾走感のある詰め込みフォー…

David Amram

/ Summer Nights, Winter Rain ( RCA KPL1-0169 / 1976 ) コレは実に趣味の良いレコード。針を落とすとメロウなジャズ・バラードが。A-1”Summer Nights / Winter Rain”。いいなぁと聴き惚れてしまう。クラシック作曲家、フレンチホルンをはじめとしたマルチ…

Love Song

/ Same ( Good News GNR-08100 / 1972 ) コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックの先駆、ラブ・ソングのファースト。メンバーが結構凄くて、メインソングライターは、山下達郎が”I Do”をカバーしたことで知られるキャステルズにいたチャック・ジラー…

Jimmy Webb & The Webb Brothers

/ Cottonwood Farm ( Proper / 2009 ) プロパーと言うと旧い音源で廉価盤出してるってイメージですが。そのイギリスのプロパーから出たジミー・ウェッブの新作。イギリスで支持があるというのは以前から知っていた。 で、コレはただの単独新作ではなく、ジミ…

Seals & Crofts

/ Down Home ( Warner / 1970 ) シールズ&クロフツ。ギター、ヴァイオリンを弾くジム・シールズとマンドリンのダッシュ・クロフツのデュオ。ジムはイングランド・ダン・シールズの弟でもあり、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーとアクーステ…