いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Jimmy Webb

markrock2010-07-12

/ Just Across The River ( E1 MUSIC / 2010 )


アマゾンで輸入盤が届いて以来、毎日聴いている。ジミー・ウェッブの新作だ。旧作を大勢のゲスト・アーティストと共に歌い継ぐというアイディアは、フレッド・モーリンのプロデュースということで言えば、ウェッブの『TEN EASY PIECES』のバリー・マン『SOUL & INSPIRATIONS』みたいといえば判りやすいのだろうか。とはいえ、ナッシュビル録音でミュージシャンも現地調達、そしてウェッブ自身もピアノはほとんど弾かないでシンガーに徹した録音、となると、カントリー・ミュージック的な聴き方も出来てくる。


ウェッブの作品は、日本ではソフト・ロック的な文脈で随分評価されもしたけれど、彼のもう一つの本分はアメリカの大地に根ざしたカントリー・ミュージックの詩情であったりするわけで、彼の偉大なる友人でもあり、本作でも出世作”By The Time I Get To Phoenix”をデュエットしているグレン・キャンベルに多くのヒット曲を書き下ろし、その楽曲が今も愛されていることからもそれが窺い知れる。


嬉しい自演はアーロ・ガスリーに提供した”Oklahoma Nights”(ヴィンス・ギルとのデュエット)。ヴィンスとはウェッブも参加したブライアン・ウィルスン・トリビュートがきっかけとのこと。アーロの声質にこうした壮大なバラードは合わないと感じていたが、こちらは文句なし。そうそう、グレン・キャンベルの歌った”Cowboy Hall Of Fame”の単独自演もあった。


共演ではジャクスン・ブラウンと歌う”P.F.Sloan”に涙が出た…ジャクスンのいまなお青臭い声で、この曲の歌い出しが聴けるなんて…感動するほかない。


そのほか、ビリー・ジョエルとの”Wichita Lineman”、ルシンダ・ウィリアムスとの”Wichita Lineman”、マーク・ノップラーとの”Highwayman”(マークは ”By The Time I Get To Phoenix”でも印象的なソロを披露)、J.D.サウザーとの”It Was Too Busy Loving You”(これは弾き語りで『TEN EASY PIECES』の感触)、リンダ・ロンシュタットとの”All I Know”、新しい曲ではジョニー・リヴァースに書いたという、マイケル・マクドナルドとの”Where Words End”(歌詞にアルバムタイトルが登場)という夢のような顔ぶれ。 『Suspending Disbelief』に収録された名バラード”It Won’t Bring Her Back”は歌い込まれた再演、60年代の好バラード”Do What You Gotta Do”も嬉しい自演で。


“If You See Me Getting Smaller”は提供したウィリー・ネルスンと歌う。これまた歌詞の意味と相まって掛け合いが泣けてくる。アレンジはジョージ・マーティン・プロデュースのオリジナル自演を忠実になぞっている。


そうそう、ウェッブが1曲1曲語るライナーも、ゲストとの出会いや曲の逸話について知ることが出来て興味深かった。


正直恐る恐る聴いた本作だったけれど、十分楽しめた。ただ、やはり新曲を沢山聴きたいと思うのは欲張りだろうか。前作『Twilight of the Renegades』に収録された”Paul Gauguin in the South Seas”なんてロマン溢れる強烈な楽曲だったし。