いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 David Clayton Thomas

markrock2010-07-08

/ Tequila Sunrise ( Columbia CT 31700 / 1972 )


Blood, Sweat & TearsのヴォーカリストだったDavid Clayton Thomas 1972年の作品。行きつけのレコード屋で久しぶりにカセットの棚を覗いていたら、レコードと一緒の見慣れたプロモーション用のステッカーが貼られたテープが、未開封の状態で置かれているのを発見した。Davidの中でも地味なこのアルバムがカセットテープで発売されていたことに驚かされ、すかさず買ってしまう。400円。こんなものであろう。


さて、中身を開けてみると、なんとも懐かしい。Sony-Columbiaの安心感に裏付けされたデザイン性は本当に凄いと思う。一貫した同フォーマット。歌詞カードやクレジットはもちろん無いんだな。想像しながら聴いていた頃を思い出す。2000年頃まで、アメリカの大手CDショップに行けばこんなカセットテープが沢山置いてあった。日本にはもう無くなってしまったけれど、今もアメリカにはあるのだろうか。中を開けると、ポピュラーやクラシック・ロックのカタログが載っていて、Davidもこのテープが出た頃には割と落ち着いたポピュラー的な聴かれ方がなされていたのかな、とも思う。


まず冒頭のシャッフル調のアコギ・ブルーズが飛び出してくるが、これはイントロに過ぎない(Repriseもある)。聴いていくと、A-3”Friday The 13th child”ってカントリー・ソウルな泣きのあるバラードでとても良かった!ヘビーめなブルーズ・ロックA-5”The Face Of Man”なんてのもあって。B面ではゴスペル・コーラスに包まれたしっとりとしたバラードB-1”One More Time Around”やB-4”My Song”が良かった。B-5に日本のベテラン・デュオの名にもある”Bread’ N Butter Boogie”なんてのもあって。


イーグルスの名曲を据えたタイトルは時代の空気を読んだものだと思う。まあタイトルだけで曲は入っていないけれど。あれ、でもイーグルスよりコッチの方が先に出てるのか。スワンピーと言った方が時代的には間違っていないけれど、ほとんど相も変わらずなソウル・シャウターっぷり。調べてみるとMike Postプロデュースで、Danny Kootch、Chuck Rainey、William”Smitty” Smithらが参加しているようだ。