いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Jim Carroll

markrock2010-06-24

/ Same ( A&M / 1972 )


彼ほど勘違いされた人もいないだろうなあと。Jim Carroll といって思い出すのはNYのビート詩人、パンク・ロッカーとして有名な彼だ。2009年に亡くなってしまったけれど。


さて、このJim Carrollは余りに情報が少なすぎる。この1枚を残して消えてしまった人だから。でも、Lee Sklar、Russ kunkel、Danny Kootch、Craig Doergeといった脂の乗り切った全盛期のThe SectionのメンバーにDavid Spinozzaが加わったとてつもない布陣。ジャケットがまたイイでしょう。右下にRichard Avedonの文字が。伝説的なフォトグラファーなだけに、時代の風化を拒否した存在感に圧倒される。本人の名前と同じくらい目立っているわけだし。


さて、音はアクースティックな質感を残しつつ、The Sectionの控えめなバッキングが花を添える。メロディや雰囲気はヤクが抜けきっていないというか、David Crosbyのたゆたうような音とも共通する楽曲がある。ブルージーな要素も強い。意外性はというと、突然ニューオーリンズになってあれれ、という”I’m in Love Again”(コレはFats Domino!)辺りかな。


達者なフィンガー・ピッキングが聴けるブルーズ”My Own Movie”ってのがあるが、自分の映画でスターになる!なんていうやさぐれ感は全編を支配している。ラストの”I Got Plenty”はBonni Raittがレコーディングしている。


一番好きなのは”On And On”。Stephen Bishopにもそういうヒット曲があるけれど、こちちらはJimのアコギのピッキングでぐいぐい進んでいく感じ。いつも同じ話ばかり聴かされ続ける男が堂々巡りに終始するのに疲れて…ってな曲。最後に無邪気なガールズ・コーラスが可愛く入るのが、なんとも言えない感触を残す。ストリングスに彩られた”Save Me”も忘れられない曲。


ところでプロデューサーのJoey Levineだが、バブルガム・ポップの雄、Ohio Expressのボーカル・ソングライターを務めていた人物だ。