いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Poco

markrock2006-04-04

/ Keeping The Legend Alive ( Madacy 50843 / 2004 )

今日朝新聞を見ていたら、アイ高野氏(元カーナビーツ〜ゴールデン・カップス〜クリエイション)の訃報が…!The Zombiesのマイナーな一曲”I Love You”をカバーした「好きさ好きさ好きさ」では、シャウトと情熱的なアクションが印象的だったし、竹田和夫のクリエイションでのポップヒット「ロンリー・ハート」でも渋い喉を聴かせてくれた。最近GS同窓会みたいな番組で目にしたが、往年のシャウトが鳴りを潜めていてアレレと思ったのだが…。


さてさて、今日はカントリーロックの好バンドであるPocoのライブ盤を。活動期間も長く、つかみ所がないためか、イマイチ正当な評価をなされてきていない気がするPoco。好盤は多いけど、この一枚だけは、と呼べる程の盤もない。下手にアダルトコンテンポラリーなヒット曲なんかを出してしまったりもしたし、メンバーの行き来があるにも関わらずアメリカの国民的バンドThe Eaglesと比べると水をあけられている格好。で、コレは意外にも出来の良かった2002年のカムバック作『Running Horse』に継ぐライブ盤。なんと2000円(輸入盤)そこらなのにCDとDVD各1枚が収録されているという大盤振る舞い。メンバーはメンバーとしては不動のRusty YoungとGeorge Grantham 、1971年以来のPaul Cottonに加え近作より参加のベースJack Sundrud(元The Great Plains) 。そして、ナント途中から元Buffalo Springfieldで、解散後にPocoを作った張本人Richie Furayが闖入。

どれもアクースティックな演奏が軽妙で、コーラスもバッチリ決まっている。現The EaglesのTimothy SchmitがPoco在籍時に歌ってヒットしたM-2”Keep On Tryin’”は、同様ソフトサウンドで売れたM-3”Crazy Love”と共にRustyがボーカルをとる。ハスキーな感じだがコーラスも温かくいい感じだ。M-4”Pickin’ Up The Pieces”からはRichieが参加して、名ライブ盤『Deliverin’』を思い出す。M-9ではJim Messinaの”You’d Better Think Twice”も演っている。Jackson BrowneみたいなかつてのM-6”Call It Love”も迫力あるし、M-13”Rose of Cimarron”、M-16”Heart Of The Night”みたいなヒット曲も無難な仕上がり。まあ後期の大仰なポップロックサウンドはイマイチという感じもする。Pocoという可愛い名前に見合った様な小粒なカントリーロック曲が好みではある。白眉はというとなんといってもM-12の”Kind Woman”。ゲストだが主役級のRichie Furayがバッファロー『Last Time Around』で聴かせたものと変わらぬ美声で”Got a Good Reason〜”と歌い上げる瞬間、グッときます。