いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

P.F.Sloan

markrock2006-10-30

/ Sailover ( Hightone Records / 2006 )


かなり良い!!最近のヘビーローテーション盤です。なんとP.F.スローンの新作。「P.F.スローンを探しているんだ、どこへいったか誰も知らない」と1970年にジミーウェッブに既に歌われてしまっていた彼。とてつもない才能でチャートヒットを席巻、一時代を築きながらも、皮肉にもメッセージ性のあるソングライターとして目覚めた矢先、70年代に入るなり凋落していった感も否めない。しかし今作はボブ・ディランの全米No.1獲得の近作を聴くよりずっとずっとフォークロック!!やはり”Eve of Destruction”で擬似ディランをやらかしてくれた才能は未だ枯渇してはいなかった!ホントいいですよ。

キャリアをざっとおさらいしておくと、スティーブ・バリとのコンビで在籍していたサーフバンド、ファンタスティック・バギーズを経て十代でダンヒルのライターに。タートルズの”Let Me Be”、”Is It Any Wonder?”、実際はスローン自身もレコーディングでボーカルを担当していたグラス・ルーツ”Where You When I Needed You”、そしてディランスタイルで元ニュー・クリスティ・ミンストレルズのダミ声男、バリー・マクガイアが歌って大ヒット曲した”Eve Of Destruction”等など数え切れない楽曲を量産。”Eve Of Destruction”は高石友也がジャックスをバックにして”明日なき世界”としてレコーディングしているが、それをRCサクセションが80年代の発禁アルバム『COVERS』で取り上げている。ちなみに『COVERS』では同じくスローン作でジョニー・リヴァースが大ヒットさせた”Secret Agent Man(秘密諜報員のテーマ)”も日本語カバーされていた。ちなみにスザンナ・ホフスさん、マシュー・スウィートと組んで60年代の名曲をカバーした近作も話題になったが、彼女がいたバングルスのメジャーデビューシングルのB面は”Where You When I Needed You”だった。

さて、スローンのソロキャリアもなかなかのもので、提供曲の自演を含む3枚のアルバムを60年代にリリース。”From A Distance(孤独の世界)”は日本で大ヒットした。(よくシングル盤を見かけますね) さらに72年には、『Lay It Al Out』Tapestry路線のSSW名盤『Raised on Records』をリリース。それ以降は忘れられたソングライターとして姿を消してしまうが、1994年に『Serenade Of The Seven Sisters』で突如復活。”Eve Of Destrustion”の94年ヴァージョンや”Secret Agent Man”のセルフカバーを含むなかなかの力作だった。

それからさらに10年以上のスパンを置いての今作だが、新旧楽曲混在した14曲で構成。アーサー・アレキサンダーを再生させたJon Tivenがプロデュースにあたり、ルシンダ・ウィリアムス、フェリックス・キャバリエール(ex.ラスカルズ)、フランク・ブラック、バディ・ミラーらをゲストに、オルタナ・カントリー的音像で迫る。この音選びは実に大正解!冒頭M-1”Sins Of A Family”の再演はルシンダとのデュエットだが、ハープの音色に早速グッとくる。新曲M-2”Violence”ではシリアスに迫ったかと思うと、M-3”If You Knew”ではアクースティックでありながらソウルバラードの様なたおやかさで。マイナー調M-4”Soul Of The Woman”はハモンドがいい味。ボーカルの味わいも増してます。3度目の再演M-5”Eve Of Destruction”ではスローン、フランク・ブラック、バディ・ミラーが交互にボーカルを取る。いつまで経っても血なまぐさい争いの絶えぬ現代社会にそのメッセージは哀しい哉未だ有効性を持つ。出来は文句なしに良い。バーズみたいなフォークロックM-6”Halloween Mary”ではハープと早口の畳み掛けるボーカルが。スローンの弾き語りに始まるM-7”All That Time Allows”はライブ感アリ。というかライブ活動を行っているのなら、観てみたい。(11月3日注:調べてみた所、ライブ活動やっている模様)

さて後半。M-8”Hollywood Moon”はリズム&ブルース。そしてM-9は” Where You When I Needed You”の再演!ここでは60年代を生きた盟友フェリックス・キャバリエールがボーカルでがっちりサポート。うーんいいです。ブルーズのM-10”Love Is 4Giving”、弾き語り調M-11”Cross The Night”を経てタイトル曲M-12”Sailover”。シャウトが熱い。ディランが歌詞に登場するM-13”PK & The Evil Dr Z”は明らかに”サブタレニアン”なんですが、このトーキングブルースっぷりは、ディランとはまた違った成熟度。最後の駄目押しラストはM-14”From A Distance”再演です。なんという美しいメロ…。P.F.スローンの知名度は正直音楽ファンにとどまったものだが、50代ならこの曲なぜか皆知っている。ヒット曲って恐ろしいですね。

デモ集、ライノのアンソロジーと並べて聴きたい一枚だ。

ウェブサイト↓
http://www2.gol.com/users/davidr/sloan/
新作プロモ↓
http://www.youtube.com/watch?v=RJQ7YS4QDaM