いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Michael McDonald

markrock2006-02-19

/ That Was Then, The Early Recordings of Michael McDonald ( Arista 2008 /1982 )


”スモーキー”と形容されるハスキーボイスで、今でもソウルフルな歌を聴かせてくれるマイケル・マクドナルドモータウンの名曲を圧倒的な歌唱力で現代に蘇らせた『Motown』(2003)及び『Motown Two』(2004)は、必携作。ここのところは2枚目の新作クリスマスアルバムも注目されているが、今回はその最初期の音源を。マイケルさんはSteely Danとの活動を経てThe Doobie Brothersに加入。ニール・セダカが書き、キャプテン&テニール版でヒットした”Love Will Keep Us Together”を借用した独特のリフで洗練されたヒット曲を連発したものだから、ジョンストン・ドゥービーを愛するファンからは総スカンを食らってしまった。しかし、今回紹介する最初期の録音から伺える彼の根本的資質はドゥービーに適任だったと思えてならない。逆に言えば本作はAORファンにはきっと受け入れがたい音になるだろう。

ということでコレ、1972年にRick Jarrardプロデュースで録音されたブツ。ソウルフルなSSW盤として聴けばかなりの出来なのだ。ちなみに明記したもの以外はマイケルの自作である。まず、A-1”Drivin’ Wheel”はRoosevelt Sykes作の有名なブルーズ。ここでは、同年に発表されたAl Greenなんかのヴァージョンが念頭にあるんだろうか、かなりコーラスもソウルっぽくて、独特なシャウトの声色が既に聴ける。A-2”Lord I Felt”は未発表扱い(A-6、B-1、B-2も同様)のバラード。スローなピアノの冒頭に始まり、バックが厚くなりゴスペル風のコーラスが入ってくるサビでは盛り上がりをみせる、結構いい曲。A-3”It Don’t Matter Now”は囁くように優しい、ある意味後のソングライティングパートナーであるKenny Logginsを思わせるフォーク調バラード。A-4”When I’m Home”もシャウトの彼を期待して聴くべきではない、ピアノ弾き語りに薄くストリングスが入ってくる静謐としたバラード。まるでポピュラーボーカル盤の風情。A-5”I Think I Love you Again”は、Brenda Leeのメンフィス盤『Memphis Portrait』(1970)に収録されていたTony Wine-Irwin Levine作の一曲。ソウルフルな仕上がり。A-6”Melodic”はアコギのカッティングから始まり、冒頭などまるでBreadみたい。そういえばBreadはアコギ主体のソフトロックサウンドが売りだったが、ファルセットがとろける”Make It With You”とか、ソウル歌手に好んでレコーディングされている楽曲がある。まあでもMichaelのこの曲はそこまで冴えた曲でもない。さてお次のB面ではThe Allman Brothers Bandの”Midnight Rider”を臆面もなくカバー。ジョンストン・ドゥービー好きにも聴いてほしい土臭い音。こうして聴くと、発声など南部を志向してからのStephen Stillsに近い雰囲気を感じる。実際Stillsも”Midnight Rider”をカバーしているし。しかし、何だか中途半端なフェイドアウトだ。B-2”Billy”やB-4”Where Men Don’t Care”はこれまたブレッド風のぽわんとした内向的バラード。B-3”Dear Me”もピアノを基にしたバラードだが、きりっとした歌いっぷりが後のマイケルファンにも訴える内容。B-5”A Good Old Time Love Song”も盛り上げ方が良く、ラストに相応しい。

成功を手にしたキャッチーなマイケルが先入観としてあると、どうにもダメな盤だが、こういう新人歌手だと思えばなかなか1972年にしては新鮮だと思えなくもないのだが、どうだろう。(ワタシは好きです) ちなみにRick JarrardとBruce JohnstonがプロデュースにあたったJack Jones『The Full Life』(1977)にソングライターとしての参加アリ。