いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Susan Carter

markrock2006-02-20

/ Wonderful Deeds And Adventures ( Epic 26510 /1970 )

"A Collections Of Stirring Scenes And Moving Accidents(感動的な場面と心動かされる出来事のイロイロ)"などという副題にこちらが心動かされる一枚。プロデュースは夫Leslie Carterさん。Susanと彼との共作は2曲に留まり、それ以外は当時のフレッシュなソングライターの楽曲を取り上げている。編曲はBS&Tでトロンボーンを吹いていたDick Halligan。

なんと言ってもBillie Hollidayの”Lady Sings The Blues”をLaura Nyroの”Billy’s Blues”、”Lonely Woman”で挟み込んだA-4”Medley for Billie Holliday”がいい雰囲気。さみしげに澄んだSusanの歌声は友人でもあるらしいLauraに良く似ているが、こういう解釈はウレシイもの。BS&Tでも活動していたRandy Breckerが参加していてジャジーで都会的ないいソロを聴かせる。Susanはカリフォルニア生まれらしいが、NYレコーディングならではの雰囲気がそうは思わせない。Lauraが歌ったらこんな感じだろう、なんて妄想してしまうのも失礼だが、冒頭のニューロックな雰囲気のA-1”Bluebird”(もちろんバッファロースプリングフィールドの)にもビックリ。エレクトリックギターが入らず、ホーンや弦やらが入ってくるのは実にセンスが良い。さらにDonovanのA-2”Young Girl Blues”もなんともジャジーでLaura+Billie降臨。A-3”Temptation ‘Bout To Get Me”はThe Knight Brothers 1965年のR&Bヒット。

さらにB面に行くと、ソロデビュー前のJames TaylorのバンドFlying Machineの名曲B-1”Brighten Your Night With My Day”が。アレンジもいい出来です。ちなみにJames Taylorさん、フォークやソウルが立派にブレンドされた、ダニー・クーチとのFlying Machine時代のヒップな音はCDでも聴けるようになったが、コレ、同時代イーストコーストのThe Fifth Avenue Bandなんかと並べて味わいたくなる代物。それにしてもかの”Fire and Rain”で失意のJTは、「甘い夢とフライングマシーンも粉々になってしまった」と歌っているが、ポシャったバンドのことまで歌うなんてほんとに個人的なハナシなわけで、くれぐれもカラオケなんかで歌ってはいけないと思う。と、まあそんなことはどうでもいいとして、JTのこの曲がまだ続いているのかと勘違いしてしまったがもう次の曲、ソウルフルな盛り上がりをみせるオリジナルB-2”I Need A Good Man Bad”はアレンジもカッコよく、良い出来だ。この人は他人のオリジナルから着想を得て作曲し、繋げて歌うのが得意なのかも、とふと思った。The Beatles ホワイトアルバム収録のB-3”I’m So Tired”もすっかりスタンダードっぽい冒頭から一転して、Laura風アレンジが施される。空気を切り裂くエレキギターのソロなんかもいいですよ。B-4”The Old Country”は冒頭のウッドベースがそそるNat Adderleyのジャズ曲。さみしげな歌がやはりいい。B-5”Illinois”はThe Everly Brothersのバーバンク名作『Roots』に収録されていたRandy Newmanの曲。ラストB-6”Jam Session:Cruising With The Blues”はジャズロックといった趣きでヒップな演奏がタマラナイ。ギターソロはクレジットは無いものの、謝辞から推測するにElliott Randalっぽい。

所有の本盤は空輸モノながら、2ドルというだけあって盤はと言うと傷だらけのローラ(似)。ツマラナイ冗談はさておき、美しい音で堪能してみたいものです。